北区ホームページトップへ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

分娩前新型コロナウイルス感染症検査費助成事業

最終更新日:2021年8月19日
健康福祉局 子ども未来部 子ども政策課TEL:096-328-2156096-328-2156 FAX:096-351-2183 メール kodomoseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

熊本市分娩前新型コロナウイルス感染症検査費助成事業について

 新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、妊婦の方は日常生活等が制約され、ご自身や赤ちゃんの健康等について、不安を抱えながら生活している方も多いことから、熊本市では不安を抱えている妊婦の方が、かかりつけの産婦人科医と相談し、適切な説明を受けた上で、ご本人が希望する場合に、分娩前に新型コロナウイルス感染の有無を確認するために実施したウイルス検査(以下「妊婦ウイルス検査」という。)費用の一部を助成します。
 
  • PDF チラシ 新しいウィンドウで(PDF:460.5キロバイト)

実施期間

 令和3年(2021年)4月1日~令和4年(2022年)3月31日
 ※令和2年度内(令和2年8月1日以降)に実施された妊婦ウイルス検査は令和3年4月末まで助成申請受付を行います。

助成対象者

(1) 分娩予定日の概ね2週間前の妊婦で、熊本市内の医療機関等において妊婦ウイルス検査を受けた方

(2) 分娩予定日の概ね2週間前の妊婦で、熊本市内に住民票を有する方のうち、熊本県外の医療機関等において妊婦ウイルス検査を受けた方

(3) (1)の方に対して、検査を実施した医療機関等
※(1)、(2)の「分娩予定日の概ね2週間前」について、主治医等の医師の判断によってはこの限りではありません。

対象となる検査

 妊婦への適切な検査前説明が行われた上で、分娩前ウイルス検査申込書にて、対象者が希望して実施された妊婦ウイルス検査(検体は唾液又は鼻咽頭ぬぐい液)が対象となります。ただし、感染症法に基づく検査や保険適用で実施する検査については、当事業の対象となりません。

※熊本県外の医療機関において妊婦ウイルス検査を受けた方は、上記様式と同等の検査申込書によって実施された検査が対象

助成額

 1人の妊婦につき2万円まで(検査は1回限りとする)

検査受検から助成申請までの流れ

 ◇妊婦ウイルス検査受検について

  (1)希望する妊婦からかかりつけ産科医療機関等へ妊婦ウイルス検査申込 ⇒ (2)主治医等による検査前説明等 ⇒ (3)同意のもと検査実施

  (4)主治医等による検査結果説明
 
 ◇助成申請に必要なものについて
  (1)妊婦ご本人が申請する場合
   ・ワード 熊本市妊婦ウイルス検査費助成申請書(様式第2号) 新しいウィンドウで(ワード:67キロバイト)
   ・領収書(検査費用、実施日、検査内容等が記載されたもの)
   ・母子健康手帳(妊娠中の経過がわかる箇所)の写し
   ・通帳(申請者名義のもの)
   ・ワード 委任状(申請を代理人に委任する場合) 新しいウィンドウで(ワード:48キロバイト)  
   ・ワード 委任状(助成金の受領を委任する場合) 新しいウィンドウで(ワード:50キロバイト)
 
  (2)医療機関がまとめて申請する場合
   ・ワード 熊本市妊婦ウイルス検査費助成申請書及び実施報告書【医療機関用】(様式第3号) 新しいウィンドウで(ワード:64キロバイト)
         ・(様式第1号)分娩前ウイルス検査申込書(写し)
 
  (3)熊本県外で妊婦ウイルス検査を受検した場合
   ・ワード 熊本市妊婦ウイルス検査費助成申請書(様式第2号) 新しいウィンドウで(ワード:67キロバイト)
   ・領収書(検査費用、実施日、検査内容等が記載されたもの)
   ・母子健康手帳(妊娠中の経過がわかる箇所)の写し
   ・通帳(申請者名義のもの)
   ・ワード 委任状(申請を代理人に委任する場合) 新しいウィンドウで(ワード:48キロバイト)
   ・ワード 委任状(助成金の受領を委任する場合) 新しいウィンドウで(ワード:50キロバイト)
 ◇申請受付窓口
 (1)、(3)の場合は下記の各区役所保健子ども課へ申請してください。  
  受付窓口        住所                 電話番号

  中央区保健子ども課   〒860-8601 中央区手取本町1-1   096-328-2419

  東区保健子ども課    〒862-8555 東区東本町16-30     096-367-9134

  西区保健子ども課    〒861-5292 西区小島2丁目7-1    096-329-1147

  南区保健子ども課    〒861-4189 南区富合町清藤405-3   096-357-4138

  北区保健子ども課    〒861-0195 北区植木町岩野238-1   096-272-1128

 

 (2)の場合は、子ども政策課へ申請(郵送)してください。

  子ども政策課 〒860-8601 中央区手取本町1-1   096-328-2156

 

申請期限

 令和4年(2022年)3月31日まで

 ※令和2年度中(令和2年8月1日以降)に受検(実施)した場合は、令和3年4月末まで

分娩前新型コロナウイルス感染症検査費助成について郵送で申請を受け付けます(新型コロナウイルス感染症拡大防止のため)

 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、分娩前新型コロナウイルス感染症検査費助成の申請を郵送で受け付けます。窓口へ行かずに申請ができますので、ご希望の方は上記の「検査受検から助成申請までの流れ」にある必要書類を揃えて、受付窓口へ郵送してください(ただし、親子(母子)健康手帳の「妊娠中の経過」欄及び預金通帳は写し(コピー)をご提出ください)。
 書類の印刷等ができない方は、受付窓口にお申し出ください。
 

受付窓口        住所                 電話番号

子ども政策課      〒860-8601 中央区手取本町1-1   096-328-2156

 

※郵送での受付については、差出し・配達の記録の残る簡易書留や特定記録郵便などのご利用をお勧めします。普通郵便で送付された書類の到達確認等はお受けできない場合があります。

新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援事業

新型コロナウイルスに感染し、ご自身や赤ちゃんの健康面のことなどで不安を感じている妊産婦の方へ、保健師などの専門職による支援を行います。

 

対象者

 ・新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦の方
 ・健康面や出産後の育児などに不安を感じ、支援を希望する方

 

 

支援内容

 ・校区の保健師などが支援を行います。

 ・訪問や電話などで、妊産婦の方のさまざまな不安や悩みをうかがい、育児に関する助言や寄り添った支援を行います。

 ※費用は無料です。

 

 

お問い合わせ

 新型コロナウイルスに感染した妊産婦への寄り添い型支援事業についてのお問い合わせは子ども政策課(096-328-2156)までご連絡ください。

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 子ども未来部 子ども政策課
電話:096-328-2156096-328-2156
ファックス:096-351-2183
メール kodomoseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:31391)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市北区役所 〒861-0195 熊本市北区植木町岩野238-1 代表電話:096-272-1111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved