北区ホームページトップへ

北区ホームページ(スマホ版)北区ホームページ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

「もっと健康やさいアップくまもと」ミッション

最終更新日:2022年6月9日
健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課TEL:096-361-2145096-361-2145 FAX:096-366-1173 メール kenkouzukuri@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る
「もっと健康!やさい!アップくまもと」のクイズに答えて、熊本健康アプリ「もっと健康!げんき!アップくまもと」のポイントをゲットしましょう。

「もっと健康!やさいアップくまもと」って?

皆さんは、野菜をたくさん食べていますか?

令和元年国民健康・栄養調査の結果では、成人男女の1日あたりの野菜摂取量は280.5g程度。

1日に必要な野菜の量、350gと比較すると、あと野菜料理1皿分、約70gが不足しています。

特に、20歳代、30歳代の若い世代で野菜の摂取量が少ない状況です。

そこで、あと1皿分の野菜料理を皆様に食べていただき、バランスのとれた食生活を送っていただく取組が、「もっと健康!やさいアップくまもと」です。

「もっと健康!やさいアップくまもと」ミッション

 

「もっと健康!やさいアップくまもと」のクイズに答えて、熊本健康アプリポイントをゲットしましょう!

ポスター斜線
もっと健康!やさいアップくまもとポスター
熊本健康アプリ「もっと健康!げんき!アップくまもと」のポイントが獲得できるミッションです。
「もっと健康!げんき!アップくまもと」のアプリをダウンロードされていない方は、ダウンロードをしましょう。
★ダウンロードは、新しいウインドウで(外部リンク)

ポイントを獲得する手順は・・・・
1 「もっと健康!やさいアップくまもと」のクイズに挑戦して、野菜の知識とポイントを獲得しましょう。
2 さらに、ダブルチャンスとして、野菜売り場に貼ってある、このポスターを探して、ポスター下、中央のQRコード「ミッションポイントはこちら」からポイントをゲットしましょう。
3 野菜売り場で野菜を購入し、たっぷりのお野菜を食べましょう。 

 
  

ミッションポイント獲得期間

1 クイズミッションポイント獲得期間:6月1日(水)から6月30日(木)まで
2 ポスターミッションポイント獲得期間:6月10日(金)から6月24日(金)まで
※どちらも、期間内に1回のみ、ポイントが獲得できます。

 

ポスター掲示店舗

〇「熊本青果食品商業協同組合」加入熊本市内店舗 151店舗
 店舗名については、熊本青果食品商業協同組合ホームページ、「組合加入の八百屋さん紹介」をご覧ください。こちらから新しいウインドウで(外部リンク)

〇スーパー等の掲示店(R4.6.9現在)

※ポスター掲示にご協力いただける、青果物販売店様は健康づくり推進課(電話361-2145)までご連絡ください。


熊本健康アプリ「もっと健康!げんき!アップくまもと」

げんきアップくまもとの専用ホームページは、こちらからどうぞ!新しいウインドウで(外部リンク)


健康ポイントロゴ
 
熊本健康アプリ「もっと健康!げんき!アップくまもと」は、「歩く」「健診を受ける」など日々の健康づくり活動をポイントとして貯めて、ポイントが貯まると協力店で特典を受けたり、商品応募ができるアプリです。
楽しみながら取り組んで、「健康」と「お得」をゲットしましょう!
貯まったポイント数で応募できる商品が変わります。毎日使ってポイントを貯めましょう。




野菜摂取量を増やすコツ

野菜の1日の摂取目標量は350gです。
350gの野菜を食べるための調理の工夫を考えましょう。
 

外食やテイクアウトでも野菜メニューを選ぶ

外食やテイクアウトのお弁当やお惣菜では、野菜が不足しがちですが、少し意識して選ぶだけで野菜を取り入れることができます。

・お弁当を選ぶとき、1品でも野菜料理が入っているものを選ぶ。

・別にサラダや野菜のお惣菜などをプラスする。

・インスタントラーメン等には、冷凍野菜やカット野菜をトッピングする。

 

簡単に食べられる野菜を常備する

洗ってそのまま食べられる野菜を選んで冷蔵庫に入れておくと、手間をかけずに食べられます。

ミニトマトやきゅうり、レタスも手でちぎって食べられるので簡単でおすすめです。

冷凍の状態で販売しているブロッコリーや枝豆、包丁を使う必要のないカット野菜なども上手に利用すると準備しやすくなります。

 

電子レンジやゆでるなど、加熱してかさを小さくする

特に葉物の野菜は、加熱すると小さくなりやすいのでおすすめです。加熱は火を使わずに電子レンジでもOKです。お皿に入れてラップをかけるか、野菜をラップで包んでそのまま電子レンジに入れれば、簡単に加熱できます。また、具だくさんのスープやみそ汁などの汁物、鍋物にすると1品でたくさんの野菜をとることができます。

【動画】野菜をたくさん食べる工夫

熊本市は、全国有数の野菜の生産地です。その新鮮でおいしい野菜を、「食」からの健康づくりのために、毎日の食事に取り入れましょう。もっと健康🍅やさい🍅アップ!くまもと
★栄養士と学ぶ!野菜をたくさん食べる工夫~野菜は1日350g~★(4分12秒)

熊本のおいしい野菜

熊本市は、清らかな地下水をはじめ豊かな自然環境に恵まれ、各地域で多様な農水産業が営まれています。全国屈指の園芸産地であり、本市で生産される農産物は全国各地に出荷されています。

その中でも、なす、すいか、メロン、みかんは全国上位の作付面積を誇ります。

 

熊本市の農業と水産業

なす写真

熊本市の農水産物の情報は、こちらから新しいウインドウで
 

ひご野菜

熊本市では、平成18年度に

1)熊本で古くから栽培されてきたもの

2)熊本の風土に合っているもの

3)熊本の食文化にかかわるもの

4)熊本の地名・歴史にちなむもの

といった4つのコンセプトに基づき、15品目の野菜を「ひご野菜」として指定しました。

 

詳しくはこちら新しいウインドウで

 

ひご野菜のレシピは、こちらから新しいウインドウで(外部リンク)

みんなの野菜レシピ

熊本市では、料理づくりのヒントとなる、様々なレシピを作成しています。
レシピをご希望の方は、健康づくり推進課または区役所保健子ども課で配付しています。
 

みんなの野菜レシピ

野菜レシピ表紙
みんなの野菜レシピ
 
1日に食べたい野菜の量は、350g。
今より、「毎日の食卓にプラス1皿」の野菜を食べるために、野菜をたっぷり食べる調理の工夫や、野菜のパワーを学びましょう。
熊本市の農産物情報も掲載しています。熊本市で収獲される野菜の種類や、収穫・出荷時期も知ることができます。
トマト、にんじん、ほうれんそう、にがうり、ブロッコリー、キャベツ・・・食材ごとのレシピです。

「みんなの野菜レシピ」は、こちらから!新しいウインドウで
 



このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 健康づくり推進課
電話:096-361-2145096-361-2145
ファックス:096-366-1173
メール kenkouzukuri@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:41895)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市北区役所 〒861-0195 熊本市北区植木町岩野238-1 代表電話:096-272-1111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved