西区ホームページトップへ

〈6〉漱石、熊本へ

最終更新日:2017年6月6日
西区役所 区民部 西区 総務企画課TEL:096-329-1142096-329-1142 FAX:096-329-1314 メール nishisoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

光琳寺の家

〈6〉漱石、熊本へ

 明治29年(1896)4月13日、漱石は熊本・池田停車場に降り立ちました。現在の上熊本駅です。第五高等学校の教授で漱石の友人であった菅虎雄が出迎えました。借家が見つかるまで漱石は薬園町の菅の家に同居することになりました。


 熊本に初めて着いた時の印象を明治41年、九州日日新聞社(現・熊本日日新聞社)の記者に聞かれ、まず、駅前の道幅の広さに驚いたことを述べています。さらに京町台を横切り、坪井に下りる新坂にさしかかったとき、目の前に開けた一面の市街地に再び驚き、「いい所に来たと思った」と言います。漱石は、そこから眺めた風景を「家ばかりな市街の尽くるあたりから、眼を射る白川の一筋が、限りなき春の色を漲らした田圃を不規則に貫いて、遙か向ふの蒼暗き中に封じ込まれて居る、それに薄紫色の山が遠く見えて、其山々を阿蘇の煙が遠慮なく這ひ廻つて居るといふ絶景、実に美観だと思つた」(「九州日日新聞」明41・2・9)と語っています。熊本を離れて8年もたっているのに、まるで今、熊本の風景を見ているかのようです。


 明治29年4月14日、漱石に嘱託教員として1か月百円の給料を贈与するという辞令がおります(7月9日から教授)。この日から、五高の先生としての生活が始まったのです。


 五高の生徒は礼儀正しく、漱石は「着実で質素で東京あたりの書生のやうに軽薄で高慢痴気な所がなく、寔に良い気風」(「九州日日新聞」同上)と思ったようです。


 ただ、借家がなかなか見つからないことには、大変不愉快な思いをしました。5月3日付の水落露石宛の手紙では、あちこちの家をずいぶんと訪ね歩いたけれど、まだ1軒の借家も見つからず、相変わらず友人(菅虎雄)の家にいることを訴えています。ようやく借家が見つかって菅の家を出たのは5月9日ごろでした。愛媛県松山尋常中学校の校長となった横地石太郎に宛てた5月16日付の手紙に漱石は「一週間程前敗屋(荒れ果てた家)を借り受候へども何分住みきれぬ故又々移転仕る覚悟」と書き送っています。それからどれほどたって新しい家が見つかったのかは明らかではありません。しかし、6月6日付けの手紙は「熊本市光琳寺町より」と書かれていて、すでに移転したことが分かります。これが、下通百三番地(現・下通1丁目7-16か17)、通称光琳寺の家 ― 熊本で2番目に住んだ家です。


                               (くまもと漱石倶楽部会員・九州ルーテル学院大学非常勤講師 村田 由美)

 

光林寺の家

当時の池田停車場

光琳寺の家

                  ※「漱石写真帖」より

当時の池田停車場(現上熊本駅)

                   ※JR九州熊本支社より

 

 漱石とくまもとバックナンバーはこちら新しいウインドウで

 

このページに関する
お問い合わせは
西区役所 区民部 西区 総務企画課
電話:096-329-1142096-329-1142
ファックス:096-329-1314
メール nishisoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:16093)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市西区役所 〒861-5292 熊本市西区小島2丁目7-1 代表電話:096-329-1111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved