西区ホームページトップへ

〈21〉 漱石の英国留学

最終更新日:2017年11月21日
西区役所 区民部 西区 総務企画課TEL:096-329-1142096-329-1142 FAX:096-329-1314 メール nishisoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

漱石が送った最後の申報書

〈21〉 漱石の英国留学

 明治33(1900)年9月8日、漱石は、横浜港からロンドンに向けて出発します。10月19日イタリアのジェノバ港に上陸。そこから陸路でパリに向かいました。パリで開催中の万国博覧会を見物し、エッフェル塔にも登りました。目的地のロンドンに着いたのは、10月28日の夜でした。漱石は留学先を決めるために11月初めケンブリッジを訪れましたが、国から支給される留学費用では足りないため断念し、ロンドンに戻りました。


 当時、ロンドンは物価が高く、年間1,800円の留学費用で暮らしていくのは大変でした。最初の下宿は1日に6円もかかるので、早々に切り上げて安い下宿に移りました。2年間のロンドン滞在で5回住居を変えていますが、これは熊本時代と同様、家賃や家主の都合など、余儀ない理由からで、決して引っ越し好きだったからではありません。


 漱石は、ロンドン大学のユニバシティ・カレッジのケア教授の講義を2か月ほど受講しただけでやめてしまいます。翌年1月からはケア教授の紹介でシェイクスピア研究者として著名なクレイグのところで個人教授を受けることにしました。これは多くの留学生が大学や研究所に所属したのに対して珍しい形でした。漱石の留学命令は「英語研究」でしたが、漱石は「英語」ではなく「英文学」とは何か、という大きな問題を自分自身の研究課題として取り組んだのです。それは、幼い頃から親しんだ漢文学のようには英文学がわからないという、学生時代から漱石の心に兆した不安を解消することでもありました。


 国から派遣された留学生は、半年に一度留学の状況を文部省に報告する義務がありました。それを申報書といいますが、五高記念館には3通残っています。最初の申報書は、明治34(1901)年1月に書かれたもので、「物価高直ニテ生活困難ナリ十五磅ノ留学費ニテハ窮乏ヲ感ズ大学ノ講義ハ
格別入学科授業ヲ払ヒ聴ク価値ナシ」とあります。個人教授についたことも記されています。ところが、同年7月の申報書はクレイグに1回5シリングを支払っているということ以外、何も書かれておらず、他は空欄でほぼ「白紙」状態。明治35(1902)年1月と7月に提出されているはずの申報
書は現存しません。最後の申報書が明治36(1903)年1月のものです。ここには「英語研究ノ外文藝ノ起原発達及其理論等ヲ研究ス 但シ自修」と書かれています。


 個人教授もやめてひたすら「自修」する日々。文部省に「夏目発狂す」との知らせが届きます。文部省に送った「白紙」の申報書が噂に拍車をかけます。留学期限の1か月前、ドイツに留学していた藤代禎輔に「夏目ヲ保護シテ帰朝セラルベシ」という命令が下ります。しかし、藤代が実際に漱石に会ってみると心配する状況ではないとして、漱石は藤代より2船遅れて12月5日、帰途につきます。


 ロンドン留学の2年間は、漱石に「不快」な時代として回顧される一方、日本人である自分自身を基準にするしかないという「自己本位」を確立した時代でもあります。また、「おれの様な不人情なものでも頻りに御前が恋しい」(明34・2・20鏡子宛)という漱石のラブレターの存在は、熊本時代の漱石夫妻がいかに愛に満ちたものであったかの証拠ともなるでしょう。

 

                                 (くまもと漱石倶楽部会員・熊本大学五高記念館客員准教授 村田 由美)

                                 

漱石が送った最後の申報書

漱石が送った最後の申報書


 

 漱石とくまもとバックナンバーはこちら新しいウインドウで

 

このページに関する
お問い合わせは
西区役所 区民部 西区 総務企画課
電話:096-329-1142096-329-1142
ファックス:096-329-1314
メール nishisoumukikaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:17634)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市西区役所 〒861-5292 熊本市西区小島2丁目7-1 代表電話:096-329-1111
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)

プライバシーポリシー別ウィンドウで開きます著作権・リンク・免責事項別ウィンドウで開きますサイトマップ

copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved