ようこそ!市長室トップへ

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

市長とドンドン語ろう!(令和3年3月)※市政だより掲載版

最終更新日:2021年2月19日
政策局 総合政策部 広報課TEL:096-328-2043096-328-2043 FAX:096-324-1713 メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp

 

全体写真

昨年10月20日および27日に産業版の「市長とドンドン語ろう!」を開催し、
商工業分野の関係者と市の取り組みや課題等に関して語り合いました。

 

ブランディング(「ブランド」を形作るための活動)について

女性
 
 
 訪日旅行者にとって、熊本はすごくいい要素を持っていますが、それぞれの企業が孤立しており、ブランディングができていません。熊本全体としてまとまり、ブランディングができればいいと思いますが、そこが難しいところです。市長はどのようにお考えですか。
 
    
 
大西市長
 
 熊本には可能性を秘めたものは多いが、私もそれをうまくブランディングできていないと思います。例えば、市では水道水を地下水で賄っているので、バスタブにお湯をためてお風呂に入ると、ペットボトルで6万円分くらいのミネラルウォーターを使うのと同じようなものです。このように見えるような形で説明すると、熊本の価値がより伝わるので、ブランディングは非常に重要だと考えます。
 
 
 

九州内のアクセスの良さについて

女性
 東京の友人・知人の経営者に話をしているのは、熊本は九州内のアクセスが良いということです。東京にいると九州内をどれくらいで移動できるのかという距離感の感覚がありません。そこは興味を持ってもらえるところではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
大西市長
 
 
 九州の中でのアクセスが良いというのは、九州でいろいろなビジネス展開をしていく中で、魅力的なものだと思います。九州新幹線の開通により熊本駅前の開発も進み、令和3年の春には駅ビルがオープンし、オフィスビルへ各企業が入ります。立地性が良ければ、地方都市にも人は来ると考えています。

 
 
 
 
※やりとりは一部を抜粋したものです。
※内容は開催日時点のものです。
このページに関する
お問い合わせは
政策局 総合政策部 広報課
電話:096-328-2043096-328-2043
ファックス:096-324-1713
メール kouhou@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:33504)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved