熊本市ホームページトップへ

熊本市障がい者自立支援協議会部会の活動

最終更新日:2019年6月14日
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課TEL:096-328-2519096-328-2519 FAX:096-325-2358 メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

部会の設置について

 

部会の変遷

 熊本市障がい者自立支援協議会(本会議)は、平成19年3月に設置されました。

 本会議の中で、委員から「ワーキング部会」の必要性についてご意見をいただき、部会の役割や形態について、他都市の情報を参考にしながら議論を進め、平成20年2月に、「くらし部会」「就労部会」「子ども部会」の3つの部会を設けることに決まりました。

 平成20年5月の本会議において、会長が各部会の座長を指名し、その後はほぼ毎月、各部会が開催されています。参加者も本会議委員のみに制限をしないことで、障がい者支援に携わる機関の連携を深めるとともに、情報共有の場となりました。

 部会は、参加者の自主的・自発的な活動により運営されているため、それぞれの部会で会議の構成や進め方などが異なっているのが特色です。

 

 平成25年度には、相談支援事業所を中心に構成される「相談支援部会」や、精神障がい者の地域移行及び自立促進を目的とした「精神障がい者地域移行支援部会」が発足しました。

 また、「くらし部会」については、「相談支援部会」と取り扱うテーマが重複してきたこともあり、平成27年度からは「相談支援部会」に統合することになりました。

  

 このように、熊本市障がい者自立支援協議会の部会は、非常に活発な活動を行っており、情報共有にとどまらず、様々な社会資源を生み出す場にもなっています。

 

 

 

就労部会

〔設置目的〕

 熊本市障がい者自立支援協議会において、『障がい者の「地域で働きたい」を実現させる』ことを目的に平成20年度に設置されました。

 毎月1回、相談支援事業所、就労移行支援事業所、就労継続支援事業所(A型・B型)、支援学校、ハローワーク、障害者職業センター、各種専門機関、当事者会、家族会、医療機関、企業などの機関が障がいのある方の就労支援について協議等を行っています。

 

 部会への参加は自由です。様々なお立場の皆さんのご参加をお待ちしております。

 

〔令和元年度の活動予定〕

 

 

     班名称              活動予定
 企業就労班

 「しごといくVol.8」の制作、企業就労を促進するためのツールの作成、

啓発活動、熊本市障がい者サポート企業・団体の啓発活動

 ホッとワーク班 関係機関への取材・広報
 ワークイノベーション班 各事業所の改善好事例を検討、事例集作成
 お悩み解決班 事業所の困難事例検討
 チームふらっと おでかけふらっと(事業所訪問)、夕方ふらっとの開催

 

 

 

 〔これまでの活動実績〕
 
  年度               活動内容
平成20年度部会立ち上げ、情報交換、事例検討、勉強会の実施
平成21年度情報交換、事例検討の実施
中小企業家同友会との共催合同研修会「はじめてみよう障がい者雇用」の開催
平成22年度事例検討
【共通ツール検討班】ツールの検討
【研修会検討会】主催研修会「はじめてみよう障がい者雇用『障がい者雇用で新たな風を』~安定雇用につながる助成制度~」の開催
平成23年度【研修班】「くまもと就労支援者研修会」の開催、ミニ研修会の開催
【ガイド班】「熊本市障がい者就労支援ガイドブック」作成
【事例班】「はたらく・はたらきつづけるためのハンドブック」作成
平成24年度【研修班】「就労支援研修会『いろんな働き方を学ぼう』及び相談会『支援機関を知って・つながろう』」の開催、ミニ研修会の開催
【事例班】「しごといく」作成
【ガイド・PR班】「熊本市障がい者就労支援ガイドブック」の改良・更新
【福祉計画班】就労継続支援A型事業所の実態調査(アンケート)を実施
【ライフワーク班】就労継続支援B型事業所の実態調査(アンケート)を実施
平成25年度【研修班】「障がいのある方の就労支援フォーラム~『発達障がいのある方が働くために、今…』~」の開催、ミニ研修会の開催
【ガイド・PR班】「熊本市障がい者就労支援ガイドブック」の改良・更新、「しごといくVol.2」作成
【福祉計画班】就労継続支援事業所(A型・B型)へのアンケート調査を実施
【A型サポート班】「A型事業所研修会」の開催
平成26年度ミニ研修会の開催
【ガイド班】「熊本市障がい者就労支援ガイドブック」の改良・更新
【企業とのかけはし班】「しごといくVol.3」作成
【福祉計画班】「熊本市障がい者プラン」中間見直しに対する検討結果報告
【A型サポート班】「第2回A型事業所研修会」の開催
【ケース検討班・連携作り班】ケース検討、「A型事業所までの道のりマップ」作成
平成27年度ミニ研修会の開催、就労フェアの開催
【企業就労班】「しごといくVol.4」作成、企業セミナーの開催、一般就労への道筋マップ作成
【福祉施設班】A型事業所の自己評価表の作成、内覧会・商談会の開催
【当事者対話班】当事者の夢実現(ネットラジオ放送)、当事者発信の研修会の開催
【システム班】各施設を紹介する施設プラグの開設、就労部会ホームページを開設
平成28年度ミニ研修会の開催、就労フェアの開催
【企業就労班】「しごといくVol.5」作成、企業セミナーの開催
         熊本市障がい者サポート企業・団体の啓発
【福祉施設班】就労フェアにおける販売会の開催
【当事者対話班】当事者の夢実現(ネットラジオ放送)、当事者発信の研修会の開催
【システム班】各施設を紹介する施設プラグの開設、就労部会ホームページを開設
平成29年度

ミニ研修会の開催、就労フェアの開催
【企業就労班】「しごといくVol.6」作成、企業セミナーの開催
         熊本市障がい者サポート企業・団体の啓発
【福祉就労班】就労フェアにおける販売会・内覧会の開催、共同受注の検討
【当事者対話班】当事者発信の研修会の開催、当事者視点のミニコミ誌の作成、
夕方ふらっと(交流会)、おでかけふらっと(当事者支援ての福祉事業所巡りと取材)
【be-助っ人班】就労部会ホームページの管理運営・周知、就労フェアの広報活動        

 平成30年度

 ミニ研修会、事例検討、就労フェアの開催

【研修班】就労フェア企画、ミニ研修・事例検討企画運営

【企業就労班】「しごといくVol.7」作成、企業就労をそくしんするための啓発活動、

熊本市障がい者サポート企業・団体の啓発、ネットワーク作り

【事業所ネットワーク班】防災マニュアルの作成、新規事業所フォローアップ、事例検討

【給与工賃うるおい班】障がい者施設商品や役務の広報、市民アンケート、

障がい者施設商品販売会(おとなりマルシェ)の開催、共同受注のシステム作り

【当事者対話班】当事者主体の対話型セミナー開催

【be-スケット班】就労部会のホームページの管理運営・周知活動、

就労フェアの広報活動

 

 

 

 

〔主な活動経歴〕

 ・障がいのある方の就労支援に取り組んでいます(熊本市ホームページ)新しいウインドウで

 ・就労フェア

 

 
 

就労部会のホームページについて

 be-スケット班 (ビスケット班)の皆さんのご尽力により、参加者自身が作り上げる就労部会ホームページ新しいウインドウで(外部リンク)が完成しました。
 
 部会参加者の素顔や就労フェアの裏話など、随時更新しています。ぜひご覧ください!
 
 

就労部会の参加者を募集しています

 就労部会では参加者を募集しています。障がいのある方の『働く』について、興味のある方ならどなたでもご参加いただけます。
 
 障がいのある方はもちろん、障がい者雇用に取り組んでいる・取り組んでみたい企業の方、障がい者就労を支援している方、福祉を学ぶ学生さんなど、様々な立場の皆さんのご参加をお待ちしています。
 参加を希望される方は障がい保健福祉課までお問合せください!

 

 

 

 

 

子ども部会

〔設置目的〕

 子ども部会は、障がいのある児童の支援について協議するために、平成20年度に設置されました。

 毎月1回、障がい者相談支援事業者やサービス提供事業者、親の会、子ども発達支援センターなど障がいのある児童の支援に携わる機関が情報交換を行い、課題の整理や解決策の検討、社会資源の共有などを行っています。

 

〔令和元年度の活動〕

 ・ミニ研修

 ・事例検討

 ・余暇活動支援マップ情報更新

 ・教育、療育関係者を対象とした研修会

 ・地域課題の抽出、検討

  

〔主な活動経歴〕

 ・障がい児余暇活動支援マップ作製 

 

〔設置後の活動〕

 

 

 年度

 活動内容

 平成20年度

 部会立ち上げ、障がい児支援に関する情報収集

 平成21年度 障がい児保育について協議、アンケートの実施
 平成22年度 放課後、長期休暇中の支援について

 平成23年度

 放課後の支援について協議

 平成24年度

 余暇活動、放課後の支援について協議

 平成25年度

 障がい児保育の提案書作成、幼稚園・保育所の先生のためのフローチャートについて協議

 平成26年度

 放課後等デイサービスについて協議、アンケートの実施

 平成27年度

 放課後等デイサービスに関する提案書作成、ミニ研修、余暇活動支援マップづくり
 平成28年度 ミニ研修、震災対応について協議、余暇支援マップの情報更新
 平成29年度

 ミニ研修、事例検討、余暇支援マップの情報更新

 平成30年度 ミニ研修、事例検討、余暇支援マップの情報更新、子どもプラグ内容検討

 

相談支援部会

〔設置目的〕

 相談支援部会は、障がい福祉にまつわる各種課題を共有し、解決に向けての検討を行う「課題解決ワーキンググループ」として平成23年度にスタートし、平成25年度に正式に相談支援部会として設置されました。また、平成27年度以降はくらし部会を吸収合併し、一部取組を引き継いでいます。

 毎月1回、委託相談支援事業者及び指定特定相談支援事業者等が情報交換を行い、課題の整理や解決策の検討、社会資源の共有・開発、相談支援事業者のスキルアップに向けた取組等を行っています。

 

〔令和元年度の活動予定〕

 「相談支援専門員とは?~一から振り返る相談支援専門員~」をテーマに、以下の活動を行います。

  ・事例検討(年間3回程度)

  ・座談会(相談支援専門員が普段抱える悩みや相談ごとについて情報交換)

  ・担当者会議のロールプレイ

 

〔主な活動経歴〕 

  •  ・障がい者の利用できる余暇情報集「ヨカ余暇情報便利帳」作成(くらし部会より引継ぎ)
  •  ・グループホーム情報の収集(くらし部会より引継ぎ)
  •  ・新規相談支援事業者向け計画相談マニュアル「相談支援ハンドブック」及びQ&A集作成
  •  ・相談支援専門員の質の向上のためのミニ研修
  •  ・計画相談事例検討
  •                           ほか
  • 〔設置後の活動〕 

 

 年度

 活動内容

 平成20年度 くらし部会立ち上げ
 平成23年度 課題解決ワーキンググループ立ち上げ
 平成24年度

 【くらし部会】

  ヨカ余暇情報便利帳作成、困難事例検討、当事者交流会開催検討

 【課題解決ワーキンググループ】

  計画相談支援検討

 平成25年度

 課題解決ワーキンググループを相談支援部会として立ち上げ

【くらし部会】

  ヨカ余暇情報便利帳更新、当事者交流会開催、グループホームケアホーム情報整理、

  困難事例検討

 平成26年度

 【くらし部会】

  当事者交流会開催、くらしに関するアンケート調査、グループホーム情報整理、
  居宅介護事業所との意見交換

 【相談支援部会】

  相談プラグ作成、計画相談支援Q&A作成、相談支援ハンドブック作成、
  計画相談状況アンケート(空き状況)

 平成27年度

 くらし部会が相談支援部会に吸収合併

 ・福祉サービス課題抽出

 ・ヨカ余暇情報便利帳・グループホーム情報・相談支援ハンドブック更新

 ・相談プラグ(計画相談空き状況)、住まいプラグ(グループホーム情報)作成 

 平成28年度

 ・熊本地震後の個別訪問活動

 ・サービス等利用計画、障害児支援利用計画の様式の見直し

 平成29年度

 ・計画相談モニタリング期間の見直し

 ・事例検討 等

 平成30年度

 ・地域生活支援拠点整備に関する検討

 ・平成30年度法改正・報酬改定に関する勉強会

 ・事例検討

 

精神障がい者地域移行支援部会

〔設置目的〕

 精神障がい者地域移行支援部会では、精神障がい者の地域移行や自立を促進する事を目的に、地域移行に必要な地域体制の整備や、関係機関が連携して退院に向けた支援を行うための検討をしています。

 毎月1回、精神科病院、相談支援事業所(委託)などが集まり、情報交換や研修会、事例検討などを行っています。

 

〔令和元年度の活動計画〕

 ・地域相談支援(地域移行支援・地域定着支援)のサービス利用促進に向けた検討

 ・退院支援ポスター及びリーフレットを活用した制度の啓発

 ・相談支援部会との合同研修会の開催

 ・全体研修の企画・実施

 ・区毎の地域移行支援の取り組みと進捗報告  など

 

〔主な活動経歴〕

 平成16年に厚生労働省が取りまとめた精神保健医療福祉の改革ビジョンの中で、「入院医療中心から地域生活中心へ」という基本方針が出されたことを受け、熊本市では平成17年度から関係機関による「障がい者自立生活体制検討会」を開始し、ニーズ調査や研修会、社会資源のホームページ作成などを行ってきました。この検討会を、平成25年度から熊本市障がい者自立支援協議会の部会として位置付け、活動を継続しています。 

 

〔設置後の活動(主なもの)〕

 年度

 活動内容

 平成17年度

 障がい者自立生活体制検討会立ち上げ

 平成25年度

 精神障がい者地域移行支援部会として立ち上げ

・研修会

(ピアサポート活用、精神障がい者の地域生活支援、退院支援・地域支援の実践報告 他)

・事例検討

・普及啓発の取り組み(病院・事業所等専門職、地域住民、当事者)

  平成26年度

・全体研修「地域移行支援のポイントについて」開催

・地域相談支援(地域移行支援、地域定着支援)制度説明

・高齢入院患者地域支援事業の対象ケースの事例検討

・広報誌発行

 平成27年度

・本人の移行に沿った退院支援の促進

(医療機関の協力により長期入院患者への意向調査実施)

・退院に向けての理解の促進

(部会内で研修会開催、グループワークによる意見交換実施)

 平成28年度 

・長期入院精神障がい者の地域移行に関する意向調査の結果分析及び政策提言内容の検討

・研修会の企画、実施

・関係施設との情報交換等による社会資源の整理や情報誌作成等

・区毎のロードマップの進捗報告

 平成29年度

・退院支援ポスター及びリーフレットの作成

・普及啓発研修の企画、開催

(障がい者の相談支援体制・制度・サービス、宇城圏域の地域移行支援の取り組み)

・地域移行支援の理解促進(グループワークによる意見交換)

・区毎の地域移行支援に向けた活動、進捗確認

 平成30年度

・退院支援ポスターの掲示及びリーフレットの活用、効果及び活用状況調査

・相談支援事業所との交流

・全体研修の企画・実施

・区毎の地域移行支援の取り組みと進捗報告

 

 

このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 障がい者支援部 障がい保健福祉課
電話:096-328-2519096-328-2519
ファックス:096-325-2358
メール shougaihokenfukushi@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:19122)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved