熊本市ホームページトップへ

エイズってどんな病気?

最終更新日:2017年7月28日
健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課TEL:096-364-3189096-364-3189 FAX:096-371-5172 メール kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

エイズについて正しく知ろう

 

HIVってなに?

HIV(Human Immunodeficiency Virusとは、「ヒト免疫不全ウイルス」の略語で、AIDSを引き起こす原因となるウイルスです。

 

 

AIDSという言葉の意味は?

 
Acquired(後天性) :生まれた後
Immune(免疫)   :体を守るしくみ
Deficiency(不全) :働かなくなる
Syndrome(症候群):様々な症状が出た状態
 
という言葉の略語です。
「生まれた後HIVに感染することにより、人間の体内の免疫システムが損傷を受け、外部からの病原体を撃退できなくなったり、体内で発生する異物(腫瘍や病原微生物の増殖)を排除する機能が働かなくなったことでさまざまな症状(悪性腫瘍や感染症)」が出た状態を示します。
 

 
 

熊本県の状況は?

 熊本県のAIDS患者・HIV感染者の新規報告数は、ここ数年間、年10件程度で推移していましたが、平成28年の新規報告数は、過去最高の19人でした。

 昭和61年からの累計報告数は、平成28年12月末現在、153件になりました。

 

熊本県のAIDS患者・HIV感染者の状況  (平成28年12月末 現在)

 

患者

感染者

男性

女性

合計

男性

女性

合計

異性間性的接触

15

1 

16

10

8

18

同性間性的接触

36

 

36

67

 

67

薬物濫用

 

 

 

1

 

1

母子感染

 

 

 

1 

 

1 

その他・不明

8

 2

10

3

1

4

合計

59

 3

62

82

9

91

 
 
 

どうやって感染するの?

 HIVの感染が成立するためには、HIVを多く含んだ体液、つまり、感染者の血液や精液・膣分泌液、母乳などが粘膜に触れるか血管に入り込むという条件が必要です。
 
 感染経路別にみると
 
 1.性行為感染
ベット
 HIVが含まれている精液や膣分泌液、血液が、性器、肛門、口腔、傷口の粘膜に触れることで感染します。
2.血液感染
注射
注射の回し打ちをする時に注射器や針が感染者の血液で汚染されていると感染します。また、日本ではHIVの抗体検査などが十分に行われ安全が確保されていますが、極めてまれとはいえ、輸血、血液製剤、臓器移植による感染の可能性を完全には排除できていません。
 
 
 
3.母子感染
妊婦さん
 母親が感染していると、赤ちゃんに妊娠・出産・授乳を通して感染する可能性があります。
 
 
●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●●
 こんなことでは感染しません!!

軽いキス、食器の共用、鍋料理、咳、くしゃみ、汗、トイレ、
プール・風呂、握手、蚊、ペット 
●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●● ●●★●●
 
 
HIVは空気や水に触れれば死んでしまうほど弱いウイルスですので、日常の社会生活で感染を恐れる必要は全くありません。
 
 
 
 

感染したらどうなるの?

 HIVが人の体内に入ると、免疫を担当している細胞(ヘルパーT細胞)を集中的に攻撃して次々に破壊してしまいます。そのため体の抵抗力(免疫)がなくなり、健康な時にはかからないような、さまざまな感染症や悪性腫瘍(癌)などを引き起こします。
 エイズになるまでの期間、いわゆる潜伏期間が非常に長いことがエイズの特徴です。
 
 
  • 初期感染

ベット2

感染した1~2週間後に、風邪に似た症状(微熱、喉痛等)が現れることがありますが、ほとんどの人は症状が出ません。 
 
 
 
 
  • 無症状キャリア(AC)
女の子
 その後、全く症状のない状態が続きます。この時期の感染者を無症候性キャリアといい、血液中のヘルパーT細胞数は一定量以上保たれています。この期間の個人差は大きく、短い人で1年、長い人では10年以上と言われています。 
 
  • エイズ関連症候群(ARC)
点滴
 ヘルパーT細胞がかなり減少してくるとエイズの前触れ的な症状(リンパ腺の腫れ、1ヶ月以上続く発熱、持続性の下痢、体重の減少、全身のだるさ、寝汗等)がみられるようになります。
 
  • エイズ発症(AIDS)
 ヘルパーT細胞が一定量以下に減少すると、抵抗力がなくなり、日和見感染症(カリニ肺炎、カンジダ症等)、カポジ肉腫、脳症、痴呆症などの神経障害など重い病気にかかります。
 
 
 

感染初期や無症状期に自分の感染に気づかず、セックスによってパートナーに感染させてしまう可能性があります。

最近では、エイズ発症を遅らせる良い薬や治療法も開発されていますので、発症せずに日常生活を送ることのできる人が増えています。

 

 

 

 
 

予防するには?

 

    • 無防備な性行為を避ける
    • 検査を受ける

 

  • 「SAFER SEX」が予防の決め手
コンドーム
エイズは、性感染症=STD(梅毒、淋病、クラミジア等)の一つと考えられ、その予防には「セイファー・セックス」(より安全なセックス)を守ることが大切です。具体的な行動としては、多数の人とのセックスを避ける、またはコンドームを使用する、出血を伴うようなセックスは控える、などです。
 
  • コンドームが一番の予防法!!
コンドーム2
 コンドームは精液、膣分泌液、血液と粘膜の接触を防ぐので、避妊だけでなく、HIVやSTD(梅毒、淋病、クラミジア等)の感染予防に適しています。
 
 
 

もっと詳しくは

エイズ予防財団のホームページです。

 

厚生労働省のホームページです。

 

HIV検査に関するQ&Aや、全国のHIV検査を受けられる施設を紹介しています。

 
 
 
 
 
このページに関する
お問い合わせは
健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課
電話:096-364-3189096-364-3189
ファックス:096-371-5172
メール kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:4698)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved