熊本市ホームページトップへ

SDGsへの取組み

最終更新日:2019年7月22日
環境局 環境推進部 環境政策課TEL:096-328-2427096-328-2427 FAX:096-359-9945 メール kankyouseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

SDGsとは


      • ロゴ
         
      •  
    •  

 

  •  “SDGs(エス ディー ジーズ)”とは、“持続可能な開発目標”という英語の略称です。

     人間、地球および繁栄のための行動計画として、平成272015)年9月の国連サミットで採択され、平成28(2016)年1月1日に正式に発効しました。

     経済・社会・環境に関する課題はそれぞれ関係し合っており、連携して解決していくことが重要であると示されています。

  •  あらゆる形態の貧困に終止符を打ち、不平等と闘い、気候変動に対処しながら、"誰も置き去りにしない”を基本理念に、2030年の世界を見据えた新たな指針がSDGsです。
  •  上記の絵にある1から17までの国際社会全体の目標と、169のターゲットで構成されています。
  •  
  •  持続可能な開発目標(SDGs)17ゴールは次のとおりです。

    1

     1 貧困をなくそう 
      あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ。

    2

     2 飢餓をゼロに
     飢餓に終止符を打ち、食料の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する。

    3

     3 すべての人に健康と福祉を 
      あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する。

    4

     4 質の高い教育をみんなに
     すべての人々に包摂的かつ公平で質の高い教育を提供し、生涯学習の機会を促進する。

    5

     5 ジェンダー平等を実現しよう
     ジェンダー(注1)の平等を達成し、すべての女性と女児のエンパワーメントを図る。
     注1:社会的・文化的な意味での性別

    6

     6 安全な水とトイレを世界中に
     すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する。

    7

     7 エネルギーをみんなに そしてクリーンに
     すべての人々に手ごろで信頼でき、持続可能かつ近代的なエネルギーへのアクセスを確保する。

    8

     8 働きがいも 経済成長も
     すべての人々のための持続的、包摂的かつ持続可能な経済成長、生産的な完全雇用およびディーセント・ワーク(注2)を推進する。
     注2:働きがいのある人間らしい仕事

    9

     9 産業と技術革新の基盤をつくろう
     レジリエント(注3)なインフラを整備し、包摂的で持続可能な産業化を推進するとともに、イノベーションの拡大を図る。
     注3:強じん

    10

     10 人や国の不平等をなくそう
     国内および国家間の不平等を是正する。

    11

     11 住み続けられるまちづくりを
     都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする。

    12

     12 つくる責任つかう責任
     持続可能な消費と生産のパターンを確保する。

    13

     13 気候変動に具体的な対策を
     気候変動とその影響に立ち向かうため、緊急対策を取る。

    14

     14 海の豊かさを守ろう
     海洋と海洋資源を持続可能な開発に向けて保全し、持続可能な形で利用する。

    15

     15 陸の豊かさも守ろう
     陸上生態系の保護、回復および持続可能な利用の推進、森林の持続可能な管理、砂漠化への対処、土地劣化の阻止および逆転、ならびに生物多様性損失の阻止を図る。

    16

     16 平和と公正を全ての人に
     持続可能な開発に向けて平和で包摂的な社会を推進し、すべての人々に司法へのアクセスを提供するとともに、あらゆるレベルにおいて効果的で責任ある包摂的な制度を構築する。

    17

     17 パートナーシップで目標を達成しよう
     持続可能な開発に向けて実施手段を強化し、グローバル・パートナーシップ(注4)を活性化する。

     注4:地球規模の協力関係

     


     

    ESD(持続可能な開発のための教育)

    熊本市立北部中学校は、国立教育政策研究所により平成30・31年度教育課程研究指定校(ESD:持続可能な開発のための教育)に指定されています。

     

    研究主題である「人とつながる 社会とつながるESD」に向けた取組みとして、平成30年6月11日に参観授業と文部科学省の濱野視学官を迎えての講演会が行われました。

     

    「SDGsを知ろう」というテーマで行われた参観授業の様子をご紹介します。

    SDGsについて最初の授業となった今回は、17のゴールを理解する機会となりました。

     

     北部中学校

    まずSDGsについての説明があり、続いて17のゴールについて学びました。

    それぞれのマークが表すゴールについて、予想し理解しました。
    さらに17のゴールのうち印象に残ったもの等について、話合いや発表が行われました。

     

    [10]人や国の不平等をなくそう:

    中国の内陸部と沿岸部では格差がある。

    内戦のある地域では、生活を保障されない難民がいる。

     

    [12]つくる責任つかう責任:

    限りある資源を大事に使うことで、大量生産しなくてよい。

     

    [13]気候変動に具体的な対策を:

    温暖化対策をすれば、熱中症で亡くなることもない。

    食物も収穫できるので、「ゴール[2]飢餓をゼロに」もなくなるなど、他のゴールも達成できる。

     

    [15]陸の豊かさも守ろう:

    誰でもごみ拾いをすることはできる。

     

    といった発表がありました。 

     

    今後はさらに、自分達の地域について重要なゴールや、それに向けてできることについて、気付きを広げ考えを深めていく予定です。

     

    ESD(狂言公演)

    平成30年10月15日、熊本市立北部中学校において、「野村万作の会 狂言公演」が開催されました。これは、文化庁による「文化芸術による子どもの育成事業」 - 巡回公演事業 - として実現しました。

     

    能と狂言(合わせて能楽)は、ユネスコ無形文化遺産にも登録されている伝統芸能です。

    狂言とは、時代、国境、人種を越えて通じる話を題材としており、約650年前に成立した喜劇的な対話劇です。

     

    今回公演された「万作の会」は、人間国宝・野村万作を中心とした狂言グループで、今回は5名の狂言師の方が来校されました。

    この狂言鑑賞は、SDGsの目標4と目標11に繋がるものです。

                                                                         

                     4                11

          すべての人に包摂的かつ                 都市と人間の居住地を

          公平で質の高い教育を提      包摂的、安全、レジリ

          供し、生涯学習の機会を      エントかつ持続可能に

          促進する             する

     

     「人とつながる 社会とつながるESD」という北部中学校の研究の一環でもあった狂言鑑賞は、一部共演体験も交えて行われました。また人間味あふれる登場人物の姿に、生徒たちからは「楽しかった」「狂言に興味がわいた」という声が聞かれました。        

     

    狂言5
     
     
    地域の方や近隣小学校の児童も招かれ、楽しい時間を共有し、貴重な体験になったことと思われます。
     

                        過去とのつながり、未来とのつながり、芸術文化がもたらす豊かさについて、
          学びを深める場になりました。
                                                                                                                                                                         

     下


                  

     

    ESD(シンポジウム)

     

    平成30年11月10日、熊本市立北部中学校において、北部・未来シンポジウム「北部の未来を考える」が開催されました。

     

    「人とつながる 社会とつながるESD」という研究主題をもとにしたこれまでの実践を振り返り、これからの取り組みや北部校区の持続可能なまちづくりを生徒自らが具体的に考える機会となりました。

     

    ゲストシンポジストに、市民生委員児童委員協議会 理事 津地尚文 様、株式会社 自然と未来 会長 星子桜文 様、熊本市副市長 植松浩二を迎え、北部中学校生徒代表3名も加え6人の話を中心に、シンポジウムがすすめられました。

     

    フロアーからは、タブレット端末を活用し、生徒から出された意見はその場でスクリーンに映し出され、臨場感あるシンポジウムとなりました。

     

     シンポジウム
     

    ESD(地域交流会)

     

    平成30年12月25日、熊本市立北部中学校において、北部中生徒会・地域交流会が開催されました。

     

    「人とつながる 社会とつながるESD」という研究主題をもとにした、ほくぶ・未来シンポジウム「ほくぶの未来を考える」で考えたことや知ったことを、地域や学校に目を向け、身近なところから何ができるか考える機会となりました。

     

    北部中学校の生徒会執行部、北部地区青少年健全育成協議会の皆さん・民生委員児童委員等の地域の方がグループにわかれ、意見交換を行いました。

     

    地域交流会2

    各グループでは、生徒会の役員から、担当委員会等の活動の紹介がありました。

    図書委員会からは、SDGsに関連して新聞(5社)のスクラップづくりについて紹介がありました。

    スクラップについては、例えば食品ロス等、身近な社会問題を知るきっかけになると同時に、もっと読んでほしい、活用してほしい、との 意見も出されていました。

     

     地域交流会1
    各グループで出された課題については、その場でタブレットに入力し、電子黒板に集約して表示されました。

    課題を共有するとともに、地域の方の気付きもコメントしていただき、議論が深まりました。

     地域交流会4
    地域交流会3

     

    まとめとして、北部地区青少年健全育成協議会事務局長の津地様からは、

    地域についての考えを確認しあう、分かり合うことで、地域がさらにつながっていく、

    というお話がありました。

     

    生徒からは、

    「交流会で北部中校区の現状を知ることができた。地域の活動をより活発にしていくには、まずSDGsについて知ってもらうことから始めていくことが大切だと思う。生徒会新聞等を利用して、地域や学校の取組を発信していきたいと思う。」

    「地域の人と中学生の交流の場を増やし、地域とのコミュニケーションをとっていきたい。」

    といった感想が聞かれました。

    熊本市SDGs研修会

        •   
  •   平成30年2月6日に、SDGsの基本的な理解を獲得するため、熊本市幹部職員を対象に「熊本市SDGs研修会」を開催しました。講師に法政大学准教授 川久保俊先生をお招きし、基本的事項の確認から、SDGsを活用した自治体のまちづくりイメージまで、講演がありました。

  •  

  •  全体の研修後は、職員と有識者の意見交換の場を設け、行政施設にSDGsを取り入れる手法について検討を行いました。

  •  

  • 熊本市SDGs研修会

     

    トップマネジメント研修会

        •   
  •  平成30年6月18日に、市長・副市長はじめ各局の局長を対象に「トップマネジメント研修会」が開催されました。法政大学准教授 川久保俊先生を講師に「自治体行政と持続可能な開発目標SDGs」をテーマとした研修をしていただきました。他自治体の取組、SDGsの活用の仕方、企業や市民との関わり方等を交えての講演でした。
  •  活発な質疑も行われ、今後の本市のSDGsに関する施策展開の考え方、推進体制等を進めるにあたり大変貴重な機会となりました。
  •  

  • トップマネジメント研修会

     

  • SDGs未来都市に選定されました

    熊本市は国から令和元年度(2019年度)のSDGs未来都市及び自治体SDGsモデル事業に選定されました。

    令和元年(2019年)7月1日には内閣総理大臣出席の選定証交付式があり、市長が出席しました。

    詳細は政策企画課のホームページ新しいウインドウでをご覧ください。

    日産グループとの連携協定締結

    令和元年(2019年)7月22日に、熊本市は、日産自動車株式会社、熊本日産自動車株式会社、日産プリンス熊本販売株式会社の3社と、「電気自動車を活用した持続可能なまちづくりに関する連携協定」を締結し、同日、日産自動車株式会社 副社長 星野 朝子 様、熊本日産自動車株式会社 代表取締役社長 坂田 信治 様、日産プリンス熊本販売株式会社 亀田 文雄 様を熊本市役所へお招きし、市長と連携協定締結式を行いました。

    この連携は、熊本市が国に提案し、令和元年度(2019年度)の「SDGs未来都市」及び「自治体SDGsモデル事業」に選定され、特に先導的な取組として認められた事業の一環です。

    今回の協定内容は、次のとおりです。

     (1) 電気自動車(EV)の普及による市民の環境意識の向上

     (2) 災害時における電気自動車(EV)活用による市民の安全確保

     (3) 電気自動車(EV)普及を通じた地域課題の解決

    詳しくは、熊本市と日産グループ3社の共同発表をご覧ください。

    PDF 共同発表 新しいウィンドウで(PDF:452.8キロバイト)

     

    協定書署名
    協定書締結式

     

    締結式終了後、熊本市役所正面玄関前で、電気自動車「ニッサン リーフ」から電気を供給する実演を行いました。

    電気供給実演

     

    電気供給の実演

     

    集合写真
    写真撮影


    以下は当日の資料です。

    PDF 連携協定書 新しいウィンドウで(PDF:149.1キロバイト)

    このページに関する
    お問い合わせは
    環境局 環境推進部 環境政策課
    電話:096-328-2427096-328-2427
    ファックス:096-359-9945
    メール kankyouseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
    (ID:19658)
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
    [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    肥後椿
    copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved