熊本市ホームページトップへ

お近くに咲いていませんか?特定外来生物『オオキンケイギク』

最終更新日:2019年5月21日
環境局 環境推進部 環境共生課TEL:096-328-2352096-328-2352 FAX:096-359-9945 メール kankyoukyousei@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

オオキンケイギク画像

特定外来生物「オオキンケイギク」の開花時期を迎えました。
 

特定外来生物『オオキンケイギク』

オオキンケイギク画像
 5~7月頃、道端や河原、線路際などで、コスモスに似た黄色い花が咲いているのを見かけることがあります。
 右の画像のこの植物は「オオキンケイギク」という北米原産の多年草です。
 オオキンケイギクはきれいな花を咲かせ、強く育つことから「ワイルドフラワー」として、かつて鑑賞用や道路・堤防の緑化に利用されました。その一部が野生化し定着。現在は国内各地の道端や河原、線路際や海岸などに生育しています。
 オオキンケイギクは繁殖力が非常に強く、定着した場所で在来の植物を衰退させるなどの問題が起きています。そのため日本の生態系に重大な影響をおよぼすおそれがあるものとして、平成18年に外来生物法により「特定外来生物」に指定されました。
 

オオキンケイギクの特徴

オオキンケイギク花画像
・花の大きさは直径5cm~7cmほど
・花びらの色は黄橙色で、先端には不規則に4~5つのぎざぎざがある。
・花の中央部も、花びらと同じ色(黄橙色)をしている。
オオキンケイギク葉画像
・葉は細長いへら状で、幅は1cm程度。
・よく見ると葉の両面に荒い毛が生えている。
・葉の周囲はなめらかで、ぎざぎざしていない。
 
キバナコスモス画像
※オオキンケイギクに良く似た植物にキバナコスモスがありますが、
・花の咲く時期(コスモスは秋頃)
・葉の形(コスモスは葉に切れ込みが多くあったり、針のように細い形)
が異なります。
 
 
 

※キバナコスモス→

(オオキンケイギクとは花びらや葉の形が異なります)
 

 

オオキンケイギクを見つけたら(駆除の方法)

オオキンケイギク処理イラスト
オオキンケイギクは多年草のため、根から抜き取るのが効果的な駆除方法です。
根から抜き取ったのち、種の飛散による拡大を防ぐため、袋などに密封して燃えるごみとして処分してください。
花が咲き見つけやすく、種ができる前の5~6月頃の駆除が効果的です。
 
※広範囲にわたって生育している場合は、地際で地上部を刈り取る方法もあります。
 この方法では地上部が再生し、再び開花することがありますが、種の飛散による拡大を防ぐ効果はあります。

 

  オオキンケイギクの駆除について新しいウインドウで

 

 

ご注意ください

 オオキンケイギクは外来生物法により、栽培・移動・販売・譲渡が禁止されています。

 オオキンケイギクを持ち帰って庭や公園などに植えたりすることはおやめください。

 

 

 

(オオキンケイギク画像・イラストは九州地方環境事務所ホームページから引用)
 

 
このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 環境共生課
電話:096-328-2352096-328-2352
ファックス:096-359-9945
メール kankyoukyousei@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:12763)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved