熊本市ホームページトップへ

児童手当について

最終更新日:2021年10月1日

郵送での申請を受付けます

 新型コロナウィルス感染症の拡大防止のため、当面の間、次の児童手当に関する申請について郵送での受付も行います。(窓口での受付もできますが、感染症対策の観点からも、郵送での手続きを推奨します。

 ※手続き内容等に応じて必要な書類がありますので、お住まいの区の保健子ども課へお問い合わせください。 

 

郵送による申請受付期間

  当面の間

  ※郵送受付終了の際は、本記事にてお知らせいたします。

郵送による受付日の取扱い

  郵便局等の受付日(消印の日付など)を受付日とします。

郵送について

  郵便局による差出し・配達の記録の残る簡易書留や特定記録郵便などのご利用をお勧めします。

  普通郵便で送付された書類の到達確認等のお尋ねはお受けできない場合があります。

  郵送に係る送料等については、申請者負担となります。

  ※郵便物の不着については、本市では責任を負いかねますので、予めご了承ください。

 

 ◆本人確認書類の同封

 郵送にあたって下表書類の写しの同封をお願いします。

1点で確認できるもの2点で確認できるもの 
a.運転免許証
b.パスポート
c.個人番号カード(住民基本台帳カード)
d.身障者手帳
e.在留カード
f.官公署が発行した書類で氏名・生年月日(又は住所)が記載され、本人の顔写真があるもの

a.健康保険証(※保険者番号及び被保険者等記号・番号にマスキングを施してください)
b.年金手帳
c.児童扶養手当・特別児童扶養手当証書
d.官公署が発行した書類で氏名・生年月日(又は住所)が記載され、本人の顔写真がないもの

 

 ◆郵送対応する主な業務

 申請内容

 様式

 添付書類

申請にあたっての注意事項 

新規の申請

・請求者の健康保険証の写し

(※保険者番号及び被保険者等記号・番号にマスキングを施してください)

・振込む際の請求者名義(普通口座)の通帳又はキャッシュカードの写し

・請求者及び配偶者の個人番号カード(写し)又は個人番号通知カード(写し)

・別居監護申立書(※お子様が別居の場合のみ)

お子様が新しく生まれた、市内転入等で資格が発生した場合に必要な申請です。なお、区民課で出生・転入等の手続後に申請をお願いします。

※受給者とお子様の住所が異なる場合は、別居監護申立書が必要です。

額改定認定請求書 

・別居監護申立書(※お子様が別居の場合のみ)

2人目以降のお子様が生まれた等、受給内容に変更があった場合に必要な申請です。

※受給者とお子様の住所が異なる場合は、別居監護申立書が必要です。

受給事由消滅届 PDF 受給事由消滅届
  •  新しいウィンドウで(PDF:227.8キロバイト)
  •  ・消滅日が確認できる書類 市外転出や受給者が公務員になった等の事由で資格を消滅させる際に必要な申請です。 なお、市外転出の場合、区民課での手続き後に申請をお願いします。
    金融機関変更届 PDF 金融機関変更届
    •  新しいウィンドウで(PDF:148.2キロバイト)
     ・請求者名義の振込希望口座(普通口座)の通帳又はキャッシュカードの写し

    児童手当を振込む口座の変更があった際に必要な申請です。

    ※受給者以外への口座変更はできません。

     受給内容確認書

     PDF 受給内容確認書申請書 新しいウィンドウで(PDF:109.2キロバイト)

      特にありません

     現在、児童手当を受給している証明書を発行します。

     未支払手当請求書 
     ・振込む際の対象児童名義(普通口座)の通帳又はキャッシュカードの写し 児童手当受給資格者が死亡した場合、その死亡した受給者に支払うべき児童手当で、まだその受給者に支払っていないものがある場合、その児童に対して支払うための申請です。
     各申立書 

     

      特にありません

    (1)新規の申請の際、国外転入による理由で前年所得の確認ができない場合に必要な申立書です。

    (2)新規の申請の際、生計中心者は国外に滞在し、母子(父子)のみ国外転入をした場合に必要な申立書です。

    (3)新規申請や額改定請求の際、コロナウィルス関連の事由で申請が遅れる場合に必要な申立書です。(事前にお問い合わせいただき、保健子ども課職員から本申立書の提出を案内します。)

     ※郵送で申請する際、担当職員より内容を確認する場合がありますので、必ず連絡先の記入をお願いします。

     

    ◆問い合わせ先および提出先

    各種申請のご不明な点のお問い合わせおよび書類の提出は、お住いの区の保健子ども課へお願いします。

    ・中央区保健子ども課

    〒860-8618 熊本市中央区手取本町1-1 熊本市役所中央区保健子ども課 子ども班

    TEL 096-328-2421

    ・東区保健子ども課

    〒862-8555 熊本市東区東本町16-30 東区役所保健子ども課 子ども班

    TEL 096-367-9130

    ・西区保健子ども課

    〒861-5292 熊本市西区小島2丁目7-1 西区保健子ども課 子ども班

    TEL 096-329-6838

    ・南区保健子ども課

    〒861-4189 熊本市南区富合町清藤405-3 南区保健子ども課 子ども班

    TEL 096-357-4135

    ・北区保健子ども課

    〒861-0195 熊本市北区植木町岩野238-1 北区保健子ども課 子ども班

    TEL 096-272-1104

    電子申請の受付を開始します

    児童手当の下記手続きを熊本市よろず申請本舗から電子申請することができます。

    ・児童手当の受給資格及び額についての認定請求

    ・児童手当の額の改定の請求

    ・児童手当の受給事由消滅の届出

    ・未支払の児童手当の請求

    ・児童手当の金融機関変更の届出

    ・児童手当現況届

     

    熊本市熊本県・市町村共同サービス電子申請サービス新しいウインドウで(外部リンク)において、事前の利用者登録が必要です。

    ※パソコン環境及びマイナンバーカードを読み取るカードリーダーが必要になります。

    ※スマートフォンでは、利用できない端末もありますので、詳しくは、「電子申請サービス」のFAQ等をご確認ください。

    携帯電話(フィーチャーフォン)では、「現況届」の申請ができませんのであらかじめご了承ください。

    個人番号カード(マイナンバーカード)の作成に関してはコチラ新しいウインドウでをご確認ください。

    児童手当で未婚のひとり親家庭に寡婦(夫)控除のみなし適用を実施します

    平成30年度から児童手当法施行令の改正に伴い、未婚のひとり親に対する寡婦(夫)控除のみなし適用が始まりました。

    手当の所得判定において、未婚のひとり親家庭の母又は父を対象に、寡婦控除又は寡夫控除のみなし適用を実施します。

    ※令和3年(2021年)5月分までの児童手当の所得を算定する際に適用されます。(令和3年6月分以降は「ひとり親控除」の新設に伴い廃止されます。)

     

     《対象となる方》

    ア 婚姻によらないで母となり、現在婚姻(届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。)をしていないもののうち、扶養親族又は生計を一にする子を有するもの

    イ アに該当し、扶養親族である子を有し、かつ、合計所得金額が500万円以下であるもの

    ウ 婚姻によらないで父となり、現在婚姻(届出をしていないが事実上婚姻関係と同様の事情にある場合を含む。)をしていないもののうち、生計を 

     一にする子がおり、合計所得金額が500万円以下であるもの

     

     上記の「子」は、総所得金額等が38万円以下であり、他の人の控除対象配偶者や扶養親族となっていない場合に限ります。

       また、前年の所得が622万円以下の場合には、手当額に影響はありません

     上記項目に該当の方は、別途申請が必要になります。区役所の保健子ども課又は総合出張所にてお手続きをお願いします。

     

    児童手当とは

    「父母その他の保護者が子育てについての第一義的責任を有するという基本的認識の下に、児童を養育している者に児童手当を支給することにより、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資することを目的」として、児童を養育する父母などに手当を支給する制度です。

    支給対象となる児童

    15歳に達する日以降の最初の3月31日までの間にある児童(おおむね中学校修了前までの児童)

    ※日本国内に住所をお持ちのお子様が対象です(ただし、留学中などの場合を除きます。)。

    請求者(受給資格者)

    熊本市に住所をお持ちの方で、対象の児童を監護・養育されている方

    ※父と母がともに子どもを監護・養育している場合、児童の生計を維持する程度の高い方(所得の高い方など)が受給資格者となります。
    ※お子様が児童養護施設などに入所している場合は、原則として施設の設置者等に児童手当を支給します。
    ※未成年後見人や父母指定者に対しても、父母と同様の要件で手当を支給します。
     「未成年後見人」・・・未成年者に対して親権を行う者がないときなど、親権を行い、子の監護・教育等に関し、親権者と同様の権利義務を有する者
     「父母指定者」・・・例えば、児童の父又は母が海外に居住しており、児童は祖父母と国内で同居しているような場合、父又は母が祖父母のいずれかを「父母指定者」に指定することにより、祖父母に児童手当を支給
    ※要件を満たす方が複数いる場合は、お子様と同居している方に支給します(単身赴任の場合を除きます。)。

     

    手当額(月額)

    ・0歳~3歳未満(一律)              15,000円
    ・3歳~小学校修了前(第1子・第2子) 10,000円
    ・3歳~小学校修了前(第3子以降)   15,000円
    ・中学生(一律)            10,000円
    ※第1子等の数え方は、18歳になった最初の3月までの子を基に算定します。

    所得制限

    児童手当には所得制限があり、受給者(請求者)の所得が所得制限限度額以上の場合、児童1人当たり一律月額5,000円の特例給付を支給します。

    ※特例給付は、年少扶養控除の廃止に伴い、当分の間、児童1人当たり一律月額5,000円を支給するとされています。

     

    また、対象となる所得は、世帯の所得ではなく、受給者本人の前年の所得が対象となり、令和3年度(令和3年6月分から令和4年5月分まで)の児童手当は、令和2年中の所得(令和2年1月から12月までの所得)に基に計算します。

    ただし、主たる生計維持者を確認するために配偶者の方の前年の所得も確認します。主たる生計維持者が変わっている場合には受給者を変更する必要があります。詳しくは、各区保健子ども課へお問い合わせください。

     

    所得の計算方法は、下図のとおりです。

    所得計算図
     

    所得制限限度額は、下表のように扶養親族等の人数で異なります。

    ※扶養親族等の人数は、住民税の申告上(12月31日時点)の人数となりますので、それ以降に生まれた児童等は含みません。

    所得制限限度額表

     扶養親族等の人数

     所得制限限度額

     0人

     622万円

     1人

     660万円

     2人

     698万円

     3人

     736万円

     4人

     774万円

     5人

     812万円

     ※扶養親族等の人数が6人以上いる方は、1人につき38万円を加算し、同一生計配偶者(70歳以上の方)または老人扶養親族がいる方は、1人につき6万円を加算した限度額となります。

    手当の支給日

    児童手当は、2月・6月・10月の各15日に支払います(年3回)。

    手続き

    以下の場合には、手続きが必要です。
    (1) 第1子が生まれた方
    (2) 熊本市に転入された方
    (3) 対象の児童を新たに養育するようになった方(受給者の変更)
    (4) 養育する児童が増えた方(今まで児童手当を受給されていた方に新たにお子様が生まれたときなど)
    (5) 熊本市外へ転出される方、公務員に採用となり職場で受給となった方、離婚その他の理由でお子様を養育しなくなった方

     

    ※お子様と住所が別になったときなど、その他にも手続きが必要な場合がありますので、詳しくは以下の窓口へお問い合わせください。
    ※手当の振込先の指定口座を解約したり、口座の名義変更後にお届をされない場合、振り込みができなくなりますのでご注意ください。
    ※手続が遅れたために払い過ぎた手当金が発生した場合は、返還していただくことがあります。

     

    公務員の方の手続き

    公務員の方(所属庁で児童手当が支給される方)は勤務先での手続きとなります。ただし、独立行政法人に勤務の方など、公務員共済に加入していても勤務先から手当が支給されない方はお問い合わせください。

     

    申請期限

    児童手当は、出生日または前住所地の転出予定日の翌月分から支給されますので、出生日または転出予定日と同月中に申請してください。
    ただし、申請が出生日または前住所地の転出予定日の翌月になる場合は、出生日または転出予定日の翌日から15日以内に申請すれば、特例で申請月から支給されます。

    ※期限を過ぎると手当を受給できない月が発生しますのでご注意ください。
    ※必要書類が不足していても受け付けできますので、必ず期限内に申請してください。不足書類は後日ご提出できます。

     

    申請に必要なもの

    【新規の認定請求】

    ○お手続きが必要な時

    ・熊本市に転入した時

    ・第1子を出産した時

    ・公務員でなくなった時 等

    ○必要書類(必須)

    ・受給者になる方(請求者)の健康保険証(コピー)又は年金加入証明書

    ※厚生年金保険・国民年金保険・私立学校教職員共済制度の加入者である場合、提出は原則不要です。
    ・請求者名義のの振込希望口座(普通口座)の通帳またはキャッシュカード(コピー)

    ・請求者本人に関する下記(1)又は(2)

     (1)個人番号カード

     (2)個人番号通知カード及び来庁者の身分証明書(運転免許証、パスポート等)

    ・配偶者の個人番号確認書類(個人番号カード、個人番号通知カード等)

    ○必要書類(請求者の状況に応じて)

    ・請求者とお子様が別居している場合は、別居監護申立書が必要です。 

    (届出の際は別居する児童の個人番号がわかるものをご持参ください。)

     ※個人番号を利用することにより、以下の提出が不要となります。

    ・所得証明書(平成29年11月13日~)

    ・住民票(令和2年12月7日~)


    【額改定請求・額改定届】

    ○お手続きが必要な時

    ・既に児童手当を受給している方が第2子以降出産した時

    ・離婚等その他の事情により養育している児童が増えた時・減った時 等

    ○必要書類(受給者の状況に応じて)

    ・請求者とお子様が別居している場合は、別居監護申立書が必要です。

    (届出の際は別居する児童の個人番号がわかるものをご持参ください。)


    【受給事由消滅届】

    ○お手続きが必要な時

    ・熊本市を転出する時

    ・受給者が公務員になった時

    ・離婚等その他の事情により養育している児童がいなくなった時 等

     

    【口座変更届】

    ○お手続きが必要な時

    ・お振込口座の名義を変更された場合

    ・お振込口座を解約された場合

    ・お振込口座を変更されたい場合

    ○必要書類

    ・請求者名義のの振込希望口座(普通口座)の通帳またはキャッシュカード(コピー)

    ※受給資格者名義の口座しか登録できませんのでご注意ください。(お子様や配偶者様の名義の口座は登録できません。)


    注意:その他、申請の内容・状況によっては他に必要な書類があります。詳しくは以下の窓口へお問い合わせください。

    現況届

    児童手当を継続して受給するために、毎年6月中に現況届の提出が必要です。
    この届により受給資格を確認します。6月初めに必要書類を受給者様へ送付しますので、必ず提出してください。
    なお、現況届の提出がない場合は、6月分以降の手当の支給が差止になりますのでご注意ください。

    ※必要書類は、5月以前から手当を受給していて、6月以降も引き続き受給する方へ送付します。

     

    通知書の発行について

     児童手当の認定通知書や、額改定通知書等の通知書が奨学金等の申請等で使用することが出来ます。紛失された場合には受給額の確認ができる書類の発行が可能ですので、詳しくは下記連絡先の各区保健子ども課へお問合せください。
     ※総合出張所では発行できませんので、ご注意ください。
    【必要なもの】
     ・身分証明書
     ・代理人の場合は委任状(同一世帯内であれば不要)
     

    時効について 

    手当を受給する権利は,権利を行使できるとき(※)から2年を経過したときに時効により消滅します。

    ※現況届未提出等の事由により,10月15日の定期支給を受けられなかった場合は,支払日(10月15日)の翌日が権利を行使できるときとなります。

     
     

    問い合わせ先

    児童手当に関する手続きは下記の窓口で受け付けます。ご不明な点などは下記までお問い合わせください。

    【区役所】
    中央区(保健子ども課):096-328-2421 

    東区(保健子ども課):096-367-9130 

    西区(保健子ども課):096-329-6838 

    南区(保健子ども課):096-357-4135 

    北区(保健子ども課):096-272-1104

    【総合出張所】
    河内まちづくりセンター(河内総合出張所):096-276-1111 

    天明まちづくりセンター(天明総合出張所):096-223-1111 

    城南まちづくりセンター(城南総合出張所):0964-28-3111 

    幸田まちづくりセンター(幸田総合出張所):096-378-0172 

    清水まちづくりセンター(清水総合出張所):096-343-9161

    龍田まちづくりセンター(龍田総合出張所):096-338-2231

    託麻まちづくりセンター(託麻総合出張所):096-380-3111

     
    このページに関する
    お問い合わせは
    健康福祉局 子ども未来部 子ども支援課
    電話:096-328-2158096-328-2158
    ファックス:096-351-2183
    メール kodomoshien@city.kumamoto.lg.jp 
    (ID:1996)
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
    [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    肥後椿
    copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved