熊本市ホームページトップへ

学校における食物アレルギーの対応について

最終更新日:2020年6月19日
教育委員会事務局 学校教育部 健康教育課TEL:096-328-2728096-328-2728 FAX:096-323-8355 メール kenkoukyouiku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

学校における食物アレルギーの対応について

本市では、平成20年3月の財団法人日本学校保健会の「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」の発行を受け、平成24年3月に「熊本市食物アレルギー対応マニュアル(以下 市マニュアル)」を作成し、それまで学校ごとに様々な基準で行っていた食物アレルギー対応の統一化を図り、安心安全な学校給食の提供に向け、取組を始めて参りました。

しかしながら、平成24年12月、東京都調布市で、食物アレルギーを有する児童が学校給食終了後にアナフィラキシーショックの疑いで亡くなるといういたましい事故が発生いたしました。このような事故を二度と起こさないよう、平成27年3月、文部科学省から「学校給食における食物アレルギー対応指針(以下 対応指針)」が発行されました。

対応指針では、全ての児童生徒が給食の時間を安全に、かつ、楽しんで過ごせるようにすることを基本的な考え方とし、そのためにも安全性を最優先にし、学校内の全ての教職員、調理場及び教育委員会関係者、医療機関、消防関係者等が相互に連携し、組織的に対応することが不可欠と明記されています。

これまで本市におきましては、可能な限り、個々の児童生徒の状況に応じた対応に努めて参りましたが、食物アレルギーを有する児童生徒が年々増加する中、学校において安全性の保証が困難な状況も出て参りました。

そのようなことから、本市においても対応指針に基づいた「学校における食物アレルギー対応の基本方針」を策定すると共に、熊本市食物アレルギー対応マニュアルの改訂(平成29年7月)をいたしました。

 今後は、財団法人日本学校保健会の「学校のアレルギー疾患に対する取り組みガイドライン」が令和2年3月に改訂されたことを受け、「学校生活管理指導表」の見直しを行い、来年度からの新様式を活用していく予定としています。

 

熊本市食物アレルギー対応マニュアル~第1次改訂版~

PDF 熊本市食物アレルギー対応マニュアル~第1次改訂版~ 新しいウィンドウで(PDF:2.88メガバイト)


家庭より提出が必要な様式

  • ◆学校において食物アレルギーの対応を希望される場合は、医師の診断により作成された「学校生活管理指導表(様式1)」と、「申請書及び同意書(様式4)」の提出が必要となります。
  • PDF 様式2-1)学校生活管理指導表の提出について 新しいウィンドウで(PDF:256.1キロバイト)
  • PDF (様式1)学校生活管理指導表(令和2年度まで) 新しいウィンドウで(PDF:149.3キロバイト)
  •    ※学校生活管理指導表については、令和2年3月に改訂された「学校におけるアレルギー疾患に対する取組ガイドライン(日本学校保健会)」の  
  •     内容を受けて、現行分の見直しを行っています。準備ができ次第、改訂版を掲載する予定です。
    PDF 様式4)申請書及び同意書 新しいウィンドウで(PDF:95.7キロバイト)
  • ◆学校において食物アレルギーの対応が不要になった場合は、「様式5 解除申請」の提出が必要になります。

このページに関する
お問い合わせは
教育委員会事務局 学校教育部 健康教育課
電話:096-328-2728096-328-2728
ファックス:096-323-8355
メール kenkoukyouiku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:28441)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved