熊本市の環境トップへ

水の民間信仰

最終更新日:2007年7月4日
環境局 環境推進部 水保全課TEL:096-328-2436096-328-2436 FAX:096-359-9945 メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp

民間信仰イメージ

水をつかさどる神々を祀る
民間信仰イメージ
 日本人は古くから水源地や川をつかさどる神々を信仰してきた。水神は、今も川や井戸、湧水地に祀られている。
 熊本市では、西山の麓の湧水地や江津湖畔に多く祀られている。江津湖畔にある上無田の水神は、黄金桧に祀られ、しめ縄が張られている。下無田町大江の水神は加勢川沿いの松の木に祀られる。
 河内町船津の鑪水の水神祭りでは、組座の男子が湧水周辺を清掃して、しめ縄を替えて、米、お神酒、塩を供える。
 水道発祥の地・八景水谷にも、池の中に水神様が祀られている
 
このページに関する
お問い合わせは
環境局 環境推進部 水保全課
電話:096-328-2436096-328-2436
ファックス:096-359-9945
メール mizuhozen@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:20323)
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved