新型コロナウイルス感染症対策トップへ

新型コロナウイルス感染症対策サイト(スマホ版)新型コロナウイルス感染症対策サイト

  • 音声読み上げ リードスピーカーを起動します
  • 文字サイズ 拡大標準
  • 背景色 青黒白

【新型コロナワクチン接種】 医療機関の方へ

最終更新日:2022年8月15日
新型コロナウイルス感染症のワクチンに関して、医療機関の皆様への情報提供です。

 

職域接種を実施する医療機関等の方へのお知らせは「 職域接種を実施する医療機関等の方へ新しいウインドウで」のページをご覧ください。

職域接種をする医療機関の方へ
 

更新情報

・「ワクチン配送日一覧(9月分)」を追加(R4.8.15)

・「ワクチン接種計画票様式(9月分)」を追加(R4.8.15)

・「小児接種(10月1日~11月30日分)の予約枠の設定について」を追加(R4.8.12)

・「ワクチン接種円滑化システムV-SYS操作マニュアル(医療機関用)」を第6.6版へ更新(R4.8.3)

・「3回目接種予約枠の追加設定について」を追加(R4.7.29)

・「追加接種(4回目接種)の対象者について」を追加(R4.7.22)

・「4回目接種(9月分 モデルナ)の予約枠の設定について」を追加(R4.7.20)

・「4回目接種(9月分 ファイザー)の予約枠の設定について」を追加(R4.7.7)


小児接種(10月1日~11月30日分)の予約枠の設定について

下記対象期間の予約枠を設定いただき、下記のスケジュールにてご提出いただきますようお願い申し上げます。
※10月以降の小児接種については、接種可能上限量を設定しておりません。貴院の接種可能な範囲で予約枠の作成をお願いいたします。
(作成された予約枠数にかかわらず、実際に入った予約数に応じてワクチンを配送する予定です。)

 

【対象期間】

10月1日(土)~11月30日(水)


【依頼文・提出物】


【作業スケジュール】

8月12日(金) 予約枠報告様式提出依頼

8月26日(金) 予約枠報告様式提出期限

受領後随時対応 予約枠情報を予約管理システムにセットアップ
        セットアップ完了後、システム上で確認を依頼
8月末頃    セットアップされた予約枠の修正受付期限
8月末頃(予定)予約受付開始(※)

        ※特例臨時接種の期間延長の決定時期により変動します。



3回目接種予約枠の追加設定について

若年層の3回目接種の促進に向け、インターネット予約が可能な市予約システムの3回目接種専用予約枠を追加設定いたします。
協力いただける医療機関様は、下記対象期間の3回目接種専用の予約枠を設定いただき、下記のスケジュールにてご提出いただきますようお願い申し上げます。

 

【対象期間】

8月20日(土)~9月30日(金)


【依頼文・提出物】


【作業スケジュール】

7月29日(金) 予約枠報告様式提出依頼

8月  5日(金) 予約枠報告様式提出期限

受領後随時対応 予約枠情報を予約管理システムにセットアップ
        セットアップ完了後、システム上で確認を依頼
8月  8日(月)   予約受付開始

※8日の受付開始に間に合わない場合は、医療機関様との調整が完了次第、随時受付を開始予定


追加接種(4回目接種)の対象者について

対象者に医療機関や高齢者施設・障がい者施設等の従事者が追加されました。4回目接種についての詳細は追加接種(4回目接種)について新しいウインドウでをご覧ください。また、対象者の詳細は、対象となる「医療従事者等」「高齢者施設等」の範囲新しいウインドウでをご覧ください。

併せて、熊本市内の医療機関の管理者様宛に発出しております事務連絡「4回目接種の対象拡大について」をご確認いただきますよう、お願いいたします。

なお、医療機関や施設等で従事者の接種券を一括して発行を希望される場合は、以下の様式をご利用ください。
※熊本市医師会会員については、熊本市医師会事務局で取りまとめをしております。


4回目接種(9月分 モデルナ)の予約枠の設定について

先に通知しました「4回目接種の新型コロナワクチン接種可能上限量(9月分)について」の「貴院の接種可能上限量(E)」の範囲内で、下記対象期間の予約枠を設定いただき、下記のスケジュールにてご提出いただきますようお願い申し上げます。

 

【対象期間】

9月1日(木)~9月30日(金)


【依頼文・提出物】



    【作業スケジュール】

    7月20日(水) 予約枠報告様式提出依頼

    7月25日(月) 予約枠報告様式提出期限

    受領後随時対応 予約枠情報を予約管理システムにセットアップ
            セットアップ完了後、システム上で確認を依頼
    7月26日(火)正午   セットアップされた予約枠の修正受付期限
    7月27日(水)   予約受付開始

    ※27日の受付開始に間に合わない場合は、医療機関様との調整が完了次第、随時受付を開始予定


    4回目接種(9月分 ファイザー)の予約枠の設定について

    先に通知しました「4回目接種の新型コロナワクチン接種可能上限量(9月分)について」の「貴院の接種可能上限量(E)」の範囲内で、下記対象期間の予約枠を設定いただき、下記のスケジュールにてご提出いただきますようお願い申し上げます。

     

    【対象期間】

    9月1日(木)~9月30日(金)


    【依頼文・提出物】



    【作業スケジュール】

    7月7日(木) 予約枠報告様式提出依頼

    7月22日(金)   予約枠報告様式提出期限

    受領後随時対応 予約枠情報を予約管理システムにセットアップ
            セットアップ完了後、システム上で確認を依頼
    7月26日(火)正午   セットアップされた予約枠の修正受付期限
    7月27日(水)   予約受付開始


    小児接種(8月1日~9月30日分)の予約枠の設定について

    下記対象期間の予約枠を設定いただき、下記のスケジュールにてご提出いただきますようお願い申し上げます。
    ※8月以降の小児接種については、接種可能上限量を設定しておりません。貴院の接種可能な範囲で予約枠の作成をお願いいたします。
    (作成された予約枠数にかかわらず、実際に入った予約数に応じてワクチンを配送する予定です。)

     

    【対象期間】

    8月1日(月)~9月30日(金)


    【依頼文・提出物】


    【作業スケジュール】

    6月14日(火) 予約枠報告様式提出依頼

    6月24日(金)   予約枠報告様式提出期限

    受領後随時対応 予約枠情報を予約管理システムにセットアップ
            セットアップ完了後、システム上で確認を依頼
    6月28日(火)12時   セットアップされた予約枠の修正受付期限
    7月6日(水)   予約受付開始


    初回登録時の手続き・事務処理

    集合契約のお手続き

    新型コロナウイルス感染症の予防接種については、実施主体が市町村となっていることから、医療機関で実施するためには、市町村と医療機関との間で委託契約を締結する必要があります。

     

     契約が複雑化しないように、「全国知事会」と「日本医師会(及び都道府県)」が各市町村・医療機関の代理人として契約する「集合契約」の形で行うため、各代理人へ委任状の提出が必要となります。

     

    【新型コロナウイルス感染症の予防接種に係る委託契約書】

    PDF   委託契約書 新しいウィンドウで(PDF:2.98メガバイト)
    PDF   変更契約書 新しいウィンドウで (PDF:104.4キロバイト)

    PDF   変更契約書(2回目) 新しいウィンドウで(PDF:266.2キロバイト)


     

    【委任状の提出】

    ⅰ ワクチン接種契約受付システムのURLを入力する。

      URL https://cont-mhlw.force.com/mhlw/vs_ininJyoTouroku

    ⅱ 入力フォームに必要事項を入力する。

    ⅲ PDFで出力される委任状を印刷して、委任先に郵送する。

     <提出先(委任先)>

    郡市医師会等のとりまとめ団体に所属する場合 ➡ 該当するとりまとめ団体

    とりまとめ団体に所属していない場合     ➡ 熊本市

     

    【医療機関基本情報シートの提出】

     委任状は、熊本市で代行して出力することが可能です。

    熊本市へ代行出力を依頼する場合は、「医療機関基本情報シート(1)」をメール又はFAXで熊本市感染症対策課ワクチン対策PTへご提出ください。後日、委任状を医療機関へ郵送しますので、押印の上で委任先へご提出ください。

    エクセル   医療機関基本情報シート(1) 新しいウィンドウで(エクセル:25.2キロバイト)

    エクセル   医療機関基本情報シート(2) 新しいウィンドウで(エクセル:25.3キロバイト)

    請求委任及び口座振替依頼書の提出】

     接種費用の支払を行う口座等の確認が必要なため、請求委任及び口座振替依頼書を熊本市感染症対策課ワクチン対策PTへご提出ください。

    エクセル   請求委任及び口座振替依頼書 新しいウィンドウで(エクセル:30.3キロバイト)

    <提出先> 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号  熊本市感染症対策課 ワクチン対策PT 宛
     

    ワクチン接種円滑化システム(V-SYS)の入力

    医療機関情報等の登録が必要となりますので、ワクチン接種円滑化システムV-SYS 操作マニュアル(医療機関用)を参照して、ご入力ください。


    ワクチンの配送について(サテライト型接種施設)

     サテライト型接種施設については、熊本市が設置するワクチン配送拠点から各医療機関で接種可能な数量のワクチンを小分けして医療機関へ配送します。

    配送エリア

    配送日

    A コース

    東区・西区・北区

    原則として毎週月曜日・木曜日

    B コース

    中央区・南区

    原則として毎週火曜日・金曜日


    ※医療機関独自の方法で予約受付を行う場合は、
    定期的にワクチン接種計画票を提出してください。
    ※ワクチン接種計画票の提出が遅れた場合は、ワクチンの配送ができませんのでご注意ください。

    ★ワクチン接種計画票様式(7月・8月期分)★(R4.6.9更新)

    ★ワクチン接種計画票様式(9月期分)★(R4.8.15更新)
    •   
    <参考> 
    PDF  (PDF:349.4キロバイト) ワクチン接種計画票手順書 新しいウィンドウで

      

     医療機関で予約受付システムを利用する場合や熊本市に全ての予約受付を代行依頼する場合は、予約受付システムに入力された予約状況に応じて、ワクチンの所要量を把握しますので、
    所要量の報告は必要ありません。 
     ただし、予約受付システムに入力していない方を接種する場合は、接種計画票を提出してください。

    医療用物品の配送について

     新型コロナワクチンの接種にあたり、医療用物品が必要な場合、医療機関へ配送することも可能です。希望する場合は、「医療用物品希望調査票」を記入のうえ、予診票の集配時に配送業者へお渡しいただくか、下記提出先にFAXまたはメールにてご提出ください。

    エクセル  (エクセル:22.9キロバイト)(R3.10.20更新) 医療物品配布希望調査票 新しいウィンドウで
    【配布可能な医療用物品】

    ・サージカルマスク

    ・グローブニトリル(S・M・Lサイズ)

    ・グローブPVC(S・M・Lサイズ)

     

    【留意事項】

    ・配送日の指定はできません。

    ・希望量が在庫量を上回る場合、ご希望に添えない場合がございます。


    【提出先】

    ・FAX:096-328-8666

    ・メール:vproject@city.kumamoto.kumamoto.jp

     

    接種費用の請求について(通常分・6歳未満加算)

      熊本市では、初回登録時に請求委任していただくため、毎月の接種費用の請求を各医療機関で行っていただく必要はありません(職域接種を除く)。熊本市外の住民分も含め、全ての予診票を熊本市にご提出してください。 予診票のご提出にあたっては、予診票送付状を使用し、専用封筒に封入して、回収業者へお渡しください。

     

    エクセル  (エクセル:32.1キロバイト) 予診票送付状 新しいウィンドウで

     ※ 小児接種の開始に伴い、送付状の様式を変更しております。令和4年3月28日以降に予診票を提出する際は、小児接種の有無にかかわらず、必ず新様式の送付状をご使用いただくようお願いします。

     

       毎月3日までに届いた前月接種分までの予診票に係る接種費用について、同月末にお振込みいたします。(6歳未満の者への接種に係る接種費用加算も併せてお支払いします。時間外・休日加算は、別途お支払いします。)

    ただし、熊本市外の住民分については、熊本市が国保連への請求を代行し、翌々月20日頃に振り込まれることになります。 ※3日が土・日・祝日にあたる場合には、その翌日までに届いたものとします。 ※3日を過ぎた場合には、支払は翌月へ遅れることになります。  

    PDF  (PDF:175.4キロバイト) 新型コロナワクチン接種費用振込のスケジュールについて 新しいウィンドウで

     


    接種費用の請求について(時間外・休日の接種費用)

     時間外・休日の接種費用につきましては、「予診票の様式変更及び時間外休日加算の取り扱いについて」に基づき請求していただきますようにお願い申し上げます。

     令和3年12月4日までとされていた時間外・休日加算の適用期間は、令和4年9月30日まで延長されました。

     12月1日以降は、原則、新様式の予診票において、接種費用と一体的に時間外・休日加算の請求をしてください。例外的に旧様式で請求を行う場合には、従来通り、別途「請求委任状・実績報告書」をご提出をお願いいたします。

     なお、個別接種促進のための支援事業に係る請求及び実績報告は、別途熊本県が受け付けます。間違えて熊本市へ提出することがないようにご注意願います。

     

     

     

    ○提出物

    【新様式の場合】 
      新様式の予診票において、接種費用と一体的に時間外・休日加算の請求をしてください。

    【旧様式の場合】
      旧様式の予診票を使用する場合には、従来通り、別途「請求委任状・実績報告書」を提出してください。

    <対象期間:令和3年12月1日~令和4年9月30日>

    エクセル  (エクセル:27キロバイト) 請求委任状・実績報告書(12/1~1/31接種分) 新しいウィンドウで

                      • PDF  (PDF:205.9キロバイト) (参考)請求委任状、実績報告書 記入例 新しいウィンドウで 
                        PDF  (PDF:45キロバイト) (参考)6月23日付厚生労働省健康局健康課予防接種室事務連絡「新型コロナウイルスワクチン接種対策費国庫負担金の取扱いについて」 新しいウィンドウで

                         


                        ○提出期限

                        令和3年12月~令和4年9月接種に係る提出期限 【新様式の場合】
                         1月3日、 2月3日、3月3日、4月4日、5月2日、6月3日、7月4日、8月3日、 9月5日、10月3日
                        【旧様式の場合】
                         〔12・1月期 ⇒ 2月10日〕〔2・3月期 ⇒ 4月11日〕〔4 ・5月期 ⇒ 6月10日〕 〔6・7月期 ⇒ 8月10日〕
                          〔8・9月期 ⇒ 10月11日〕

                         

                         

                        ワクチン接種後の副反応等に対する医療体制の確保について

                         新型コロナウイルスワクチン接種後に、副反応を疑う症状を認めた場合、当該被接種者はまずは、身近な医療機関を受診することとなりますが、必要に応じて身近な医療機関からの紹介により、専門的な医療機関に円滑に受診できる体制が必要となります。

                         

                         熊本市においては、専門的な医療機関として、「熊本大学病院」に御対応いただくことになりましたので、連絡先及び留意点について医療機関の皆様へお知らせいたします。

                        【担当窓口及び連絡先】
                         担当部署:熊本大学病院 コロナ副反応専用受付窓口

                         FAX番号:096-373-5577 電話番号:096-373-7229

                         予約受付時間:月曜日~金曜日(祝日除く)8:30~17:15

                         診療受付時間:月曜日~金曜日(祝日除く)13:00~16:00

                                ※小児については、月・水・金(祝日除く) 9:00~12:00

                         予約方法:完全予約制

                         以下のファイル「予約申込票(副反応専用FAX申込用紙)」と「診療情報提供書(紹介状)」をFAX送信してください。(FAXは原則17:00到着分を締め切りとします。)

                         ※ 

                        専門的な医療機関は、被接種者からの直接の相談窓口ではありません。

                         


                        PDF  (PDF:249キロバイト) 副反応専用FAX申込用紙R4.3~(熊大病院) 新しいウィンドウで
                         【留意点】
                         新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応を疑う症状について、被接種者が受診を希望する場合、被接種者には、まず、身近な医療機関(接種した医療機関や、かかりつけの医療機関等)を受診していただきます。その後、受診した医療機関が、専門的な対応が必要であると判断した場合には、受診した被接種者に対して専門的な医療機関を紹介してください。

                         

                        【参考資料】(令和3年2月1日付け健健発0201第2号厚生労働省健康局健康課長通知「新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応を疑う症状に対する診療体制の構築について」別添2)

                        副反応医療体制構築について

                          

                         

                        お問い合わせ先について

                         医療機関専用のお問い合わせ先として、医療機関の所在地ごとの専用ダイヤルを熊本市感染症対策課ワクチンPT内に設置しました。

                         

                        《電話番号》

                        【中央区】

                        080-3279-5794/080-7045-4013  

                        【東 区】 080-3279-5822/ 080-7045-4027

                        【西 区】 080-3279-6054

                        【南 区】 080-3277-8298

                        【北 区】 080-3277-8987

                         

                        《FAX番号》

                        【中央区】096-328-8833

                        【東 区】096-328-8834

                        【西 区】096-328-8835

                        【南 区】096-328-8836

                        【北 区】096-328-8837

                         

                        《メールアドレス》

                          vproject@city.kumamoto.kumamoto.jp

                        •   

                                • このページに関する
                                  お問い合わせは
                                  健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課
                                  (ID:35128)
                                  新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
                                  ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
                                  PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
                                  copyrights(c) 2018 Kumamoto City Allrights Reserved
                                  copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved