熊本市ホームページトップへ

犯罪被害者支援/ホンデリング~本の寄付にご協力ください~

最終更新日:2022年2月28日
文化市民局 市民生活部 生活安全課TEL:096-328-2397096-328-2397 FAX:096-353-2501 メール shiminseikatsuanzen@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

【ホンデリングについて】~本の寄付にご協力ください~

ホンデリング~本で広がる支援の輪~ 

本の寄付にご協力ください

ホンデリング画像

 ご自宅に、眠っている本はありませんか? 

 「ホンデリング」とは、不要になった本を寄付することでできる犯罪被害者支援活動です。

 

 集められた本は、指定業者が査定を行い、その買取り金額が、全国被害者ネットワークを通じ、くまもと被害者支援センターへ寄付されます。

 熊本市では、以下の場所に本の回収箱を設置していますので、ぜひ、寄付にご協力ください。

 

【回収場所】

 

本の回収箱

○熊本市生活安全課(熊本市役所別館 自転車駐車場5階)

○五福公民館

○託麻公民館

○東部公民館

○熊本市男女共同参画センターはあもにい

 

 

注意

○対象となる本は、「ISBN」から始まるコードが付いているものに限ります。

ISBN

 

○できる限り、2011年以降に出版されたものをお願いします。

(以下の「おためし査定」で値がついたものを除く)

 本の最後のページに、出版された日付が記載されていますので、ご確認ください。

わからない場合は、そのままお持ちいただいて構いません。

 

※「おためし査定」

 本の寄付の仕組み“チャリボン”を運営するバリューブックスの「おためし査定」で、

 寄付になるかが事前に分かります。

 詳しくはこちら新しいウインドウで(外部リンク) 

 

(株)セブン-イレブン・ジャパン熊本地区事務所でも「ホンデリング」に取り組まれています

 (株)セブン-イレブン・ジャパン熊本地区事務所(熊本市中央区草葉町)でも、令和4年2月15日から「ホンデリング」の取組をスタートされました!

 

 同事務所では、社会貢献の一環として、フードドライブにも取り組んでおられ、今回、趣旨に賛同された社員の皆様から、読み終わった本がぞくぞくと寄せられているそうです。

 ホンデリングについては、社内では同事務所が全国初の試みであり、1か月ほど試行された後、今後の展開について検討されるとのことです。


sebun
寄付された本の一部
 

















 

 

(ご報告とお礼)皆様の善意で約400冊の本をご寄付いただきました!

 

令和3年11月29日~12月3日に市庁舎1階で開催しました「犯罪被害者週間パネル展」において、「ホンデリング」の本のご寄付を呼び掛けたところ、約200冊もの本が寄せられました。

 このほか、生活安全課入口に常設している「ホンデリング」回収ボックスにも、令和3年12月から令和4年2月末までに、約200冊の本が寄せられています。  

 

   ~皆様のご厚意に感謝いたします~

             みなさまからいただいた本の数々

犯罪被害者等の置かれている状況について

 犯罪にあわれた方は、ある日突然、何の落ち度もないのに、身体的・精神的被害を受けるだけでなく、暮らしが一変し、事件解決後も様々な問題を抱えることもあります。

 また、根拠のないうわさ話や中傷などの二次被害に悩むこともあります。

 

 ご遺族やご家族についても、同様の被害を抱えていたり、大切な人の命が奪われたり、傷つけられたことによる、自責の念に駆られることもあります。

 

 このように問題を抱えている方々に対しては、普段どおりに接して寄り添うことが、ゆっくりと心の傷を癒し、平穏な生活を取り戻す手助けになります。

 

 「あなたや、あなたの大切な人が被害に遭ったらどうなるのか」を考え、犯罪被害者やそのご遺族・ご家族の心の痛みについて考えてみましょう。 

 

〇警察庁 犯罪被害者等施策のページ新しいウインドウで(外部リンク)

 

(動画配信)令和3年度犯罪被害者週間シンポジウム「性暴力に関するSNS相談から見えてきたもの~今後の相談支援のあり方を考える」

 近年、若年層の性暴力被害が増加していますが、電話などではなかなか相談につながりにくいため、SNS相談が開始されました。

 そのSNS相談から見えてきた性被害等の現状や課題等から、今後の相談支援のあり方について一緒に考えるシンポジウムが、令和3年11月18日に開催されました。

 その様子が、以下のホームページで動画配信されていますので、ぜひご覧ください!

 

※詳しくは公益社団法人くまもと被害者支援センターホームページ新しいウインドウで(外部リンク)

 

内容

■基調講演:

 「SNS相談が開けたパンドラの箱~若年女性の性暴力被害」

 一般社団法人社会的包摂サポートセンター 事務局長 遠藤 智子 氏

 

■パネルディスカッション:

 「性暴力に関するSNS相談から見えてきたもの~今後の相談支援のあり方を考える」

 

【主催】公益社団法人くまもと被害者支援センター

【共催】熊本市

 

 

チラシ(表面)チラシ(裏面)
R3シンポジウムチラシ(表面)R3シンポジウムチラシ(裏面)

 

 

参考(令和2年度)

令和2年度 犯罪被害者週間事業「犯罪報道のあり方を考える」シンポジウム(動画) 

詳しくは公益社団法人くまもと被害者支援センターホームページ新しいウインドウで(外部リンク)



 

 

このページに関する
お問い合わせは
文化市民局 市民生活部 生活安全課
電話:096-328-2397096-328-2397
ファックス:096-353-2501
メール shiminseikatsuanzen@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:30977)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved