熊本市ホームページトップへ

戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(受付を終了しました)

最終更新日:2021年6月2日
都市建設局 住宅部 住宅政策課TEL:096-328-2438096-328-2438 FAX:096-359-6978 メール jutakuseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

戸建木造住宅耐震改修事業(設計改修一括補助)

令和3年度の受付は終了しました

令和3年度の戸建木造住宅耐震改修事業(設計改修一括補助)の受付は予約数に達したため、終了しました。多くのご応募ありがとうございました。

なお、今後、追加募集を行う場合もございます。その際は、改めて同HP等によりご案内いたします。

 

1.事業の概要

  地震による住宅の倒壊から生命・財産を守り安全で安心なまちづくりを目指すために耐震改修工事費の一部を補助します。   

  

  【事業利用の手引き】 : PDF 設計改修一括 市民向け手引き 新しいウィンドウで(PDF:1.44メガバイト)

 

2.事業の対象となる住宅(次の項目全てに該当するもの)

 過去に熊本市の登録耐震診断士が耐震診断を実施した住宅のうち、上部構造評点1.0未満と評価されたもので、次の(1)~(7)をすべて満たす必要があります。

(1)熊本市内にある、人が住んでいる又は住む見込みがある戸建木造住宅
   ※併用住宅の場合、店舗等の床面積が延床面積の2分の1未満のもの

   ※鉄筋コンクリート造や鉄骨造は含みません。
 (2) 在来軸組構法又は伝統的構法によって建てられた3階建て以下のもの

   ※壁式構法やツーバイフォー構法は含みません。
 (3) 平成12年5月31日以前に着工したもの
      (昭和56年6月以降に着工した戸建木造住宅は熊本地震による被害を受けたもの)
 (4) 平成12年6月1日以降に増築した部分の床面積が延べ面積の2分の1以下のもの
 (5) 原則として、建築基準法に係る違反がないもの
 (6) 過去にこの事業又は他の事業の補助金等の交付を受けて耐震診断をしたことのないもの

 

 

3.事業の対象となる方

  住宅の所有者等で、市税の滞納がない方
 

4.補助金額と募集戸数

  補助金額:耐震改修工事に要する費用の4/5以内で、上限100万円

  募集戸数:70戸程度(先着順)

  ※補助を申し込んだ後に耐震改修工事を実施しないとなった場合は、補強計画設計のみの補助を受けることができます。 

 

5.申請の受付について

  受付期間:令和3年(2021年)4月20日(火)から7月30日(金)

  申請方法:住宅政策課へ申請書等を原則郵送でご提出ください。

       なお、やむを得ず持参を希望される場合はご相談ください。

  

6.書類の作成について

 申請書類の作成については、担当の耐震診断士へご相談ください。

  

7.申請書等の様式について

 申請書類等の作成については、担当の耐震診断士へ作成を依頼してください。

 

申請書類等一式: エクセル R3年度 設計改修一括 申請書類等一式 新しいウィンドウで(エクセル:133キロバイト)

 

8.耐震改修工事の事業実施者について

 耐震改修工事を実施した事業者等の一覧は、戸建木造住宅の耐震改修事業について(TOPページ) の「7.耐震改修工事の実施事業一覧」をご覧ください。

 ※令和2年度の工事実績の一覧については現在準備中です。

 

9.その他の事業について

  戸建木造住宅の耐震改修事業について(TOPページ)

 

税制の優遇措置について

 一定の要件を満たす住宅の耐震改修工事を行った方は、税制の優遇措置を受けられる場合があります。  

  ○所得税の特別控除

   平成26年4月1日以降の工事の場合、耐震改修工事の標準的な費用の額から市が交付した補助金額を差し引いた額の10%(上限25万円)

  ○固定資産税の減額措置

   1戸当たり50万円以上の耐震改修工事を行った場合、120平方メートル相当分を上限として2分の1減額、原則工事完了後3ヶ月以内に申告が必要

 

 詳しくは、国税庁の耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)および熊本市役所 固定資産税課の固定資産税「耐震・熱損失防止(省エネ)・バリアフリー改修に対する減額措置」をご覧下さい。

 
 

対象住宅について

〇所得税の特別控除
 昭和56年5月31日以前に着工された住宅
 ※登記事項証明書又は建築確認済証等でご確認いただくことができます。
〇固定資産税の減額措置
 昭和57年1月1日以前から所存する住宅
 ※主に建物の登記事項証明書でご確認いただくことができます。
  (表題部の“昭和〇年〇月〇日新築”等の記載により)
 

証明書の発行について

優遇措置を受けるためには、証明書が必要となります。

熊本市の補助事業を活用して耐震改修工事を行ったものは、熊本市が証明書を発行することができます。

税制の優遇措置の対象となる住宅かどうかについて、申請者さまご自身でご確認いただいたうえ、発行について住宅政策課までお問合せください。

    •  
このページに関する
お問い合わせは
住宅政策課 住宅支援班
電話:096-328-2449096-328-2449
ファックス:096-359-6978
メール jutakuseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:1284)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved