総合トップへ
ホーム  >  分類から探す  >  くらし・環境  >  住宅・建築物・上下水道  >  補助・助成  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  住まい・引越し  >  住まいの支援・補助  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  組織から探す  >  都市建設局  >  建築住宅部  >  建築政策課 建築物安全推進室  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  ピックアップ  >  補助・助成  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  ピックアップ  >  補助・助成制度(事業者)  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)

戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)

最終更新日:2018年4月10日
都市建設局 建築住宅部 建築政策課 建築物安全推進室TEL:096-328-2449 FAX:096-359-6978 メール kenchikubutsuanzensuishin@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

戸建木造住宅耐震改修事業(設計改修一括補助)

1.事業の概要

 熊本市の登録診断士等が実施した耐震診断の結果、耐震性が無い(上部構造評点1.0未満)と判断された住宅を、耐震性がある(上部構造評点1.0以上)住宅とするための補強計画設計(補強案の検討や設計図書の作成、工事費の積算など)、耐震改修工事及び工事監理を一括で実施する場合の費用の一部を所有者等へ補助します。

 

 事業利用の手引き

  PDF 設計改修一括 市民向け手引き 新しいウィンドウで(PDF:1.39メガバイト)

 

 

2.事業の対象となる住宅(次の項目全てに該当するもの)

 (1)熊本市内にある、人が住んでいる又は住む見込みがある戸建木造住宅
   (併用住宅の場合、店舗等の床面積が延床面積の2分の1未満のもの)
 (2) 在来軸組構法又は伝統的構法によって建てられた3階建て以下のもの
 (3) 平成12年5月31日以前に着工したもの
      ※ 昭和56年6月以降に着工した戸建木造住宅は熊本地震による被害を受けたもの
 (4) 平成12年6月1日以降に増築した部分の床面積が延べ面積の2分の1以下のもの
 (5) 原則として、建築基準法に係る違反がないもの
 (6) 過去にこの事業又は他の事業の補助金等の交付を受けて耐震診断をしたことのないもの

 (7)平成30年度から補強計画設計に着手するもの

 

3.事業の対象となる方

  住宅の所有者等で、市税の滞納がない方
 

4.補助金額と募集戸数

  耐震改修工事に要する費用の4/5以内で、上限100万円

  平成30年度の募集戸数は100戸程度(先着順)

  ※補助を申し込んだ後に耐震改修工事を実施しないとなった場合は、補強計画設計のみの補助を受けることができます。 

 

5.申請の受付について

 受付開始日:平成30年4月23日(月)

       ※土曜、日曜、祝日を除く、午前9時から午後5時まで

 受付場所:4月23日(月)終日と24日(火)の午前中は市役所8階 会議室

      その後は、市役所9階 建築政策課 建築物安全推進室

  

6.書類の作成等

 申請書類の作成については、担当の耐震診断士へご相談ください。

 

7.その他の事業について

   戸建木造住宅の耐震改修事業について(TOPページ)

 

税制の優遇措置について

 一定の要件を満たす住宅の耐震改修工事を行った方は、税制の優遇措置を受けられる場合があります。  

  ○所得税の特別控除

   平成26年4月1日以降の工事の場合、耐震改修工事の標準的な費用の額から市が交付した補助金額を差し引いた額の10%(上限25万円)

  ○固定資産税の減額措置

   1戸当たり50万円以上の耐震改修工事を行った場合、120平方メートル相当分を上限として2分の1減額、原則工事完了後3ヶ月以内に申告が必要

 

 詳しくは、国税庁の耐震改修工事をした場合(住宅耐震改修特別控除)および熊本市役所 課税管理課の固定資産税「耐震・熱損失防止(省エネ)・バリアフリー改修に対する減額措置」をご覧下さい。

 

証明書の発行について

 優遇措置を受けるためには、証明書が必要となります。

 熊本市の補助事業を活用して耐震改修工事を行ったものは、熊本市が証明書を発行することができます。   

 詳しくは建築物安全推進室までお問い合わせください。    

 

このページに関する
お問い合わせは
都市建設局 建築住宅部 建築政策課 建築物安全推進室
電話:096-328-2449
ファックス:096-359-6978
メール kenchikubutsuanzensuishin@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:1284)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
アドビリーダーダウンロードボタン
新しいウィンドウで表示
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
ホーム  >  人生のできごとから探す  >  住まい・引越し  >  住まいの支援・補助  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  組織から探す  >  都市建設局  >  建築住宅部  >  建築政策課 建築物安全推進室  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  ピックアップ  >  補助・助成  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
ホーム  >  ピックアップ  >  補助・助成制度(事業者)  >  戸建木造住宅の耐震改修工事に要する費用の一部を補助します!(平成30年度から補強計画設計に着手する方向け)
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved