熊本市ホームページトップへ

入湯税 _ 入湯税の概要

最終更新日:2019年1月15日
財政局 税務部 市民税課TEL:096-328-2181096-328-2181 FAX:096-324-1474 メール shiminzei@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

入湯税とは

 入湯税は、環境衛生施設、鉱泉源の保護管理施設、観光施設、消防施設等の整備及び観光振興に要する費用にあてるための税で、鉱泉浴場における入湯行為に対して課税されます。

納税義務者

入湯客

税率

入湯税の税率は、次のとおりです。
   1人1日につき150円

課税免除

次の場合には、入湯税が免除されます。
・年齢12歳未満の者が入湯する場合
・共同浴場又は一般公衆浴場に入湯する場合
・学校(大学を除く)の行事として行われる修学旅行に参加する者が入湯する場合
・日帰り客専用で、利用料金が1,500円以下の施設に入湯する場合

※利用料金には、入浴料金のほか、食事代やマッサージ代なども含まれます。
・地域住民の福祉の向上のため、地方公共団体等が専ら近隣の住民に使用させることを目的として設置した施設に入湯する場合

申告と納税

○納入申告
 鉱泉浴場の経営者(特別徴収義務者)が、毎月1日から末日までの間に 入湯客から徴収した入湯税を、翌月15日までに申告し、納めることになります。

○経営申告
 鉱泉浴場を経営する場合は、経営開始の日の前日までに、必要事項を記入した経営申告書の提出が必要です。

ダウンロード 経営(異動)申告書ダウンロード( エクセル エクセル:23キロバイト)
ダウンロード 経営(異動)申告書ダウンロード( PDF PDF:75.6キロバイト)

入湯税の使途

 入湯税は地方税法第701条により、次のような費用に充てられます。

 ・環境衛生施設の整備
 ・鉱泉源の保護管理施設の整備
 ・消防施設その他消防活動に必要な施設の整備
 ・観光振興、観光施設の整備

 




このページに関する
お問い合わせは
財政局 税務部 市民税課
電話:096-328-2181096-328-2181
ファックス:096-324-1474
メール shiminzei@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:2136)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved