熊本市ホームページトップへ

「くまもと俳句ポスト」のご案内

最終更新日:2021年10月1日
文化市民局 文化創造部 文化政策課TEL:096-328-2039096-328-2039 FAX:096-324-4002 メール bunkaseisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

 

熊本の俳句を詠もう!

熊本は、夏目漱石や中村汀女、種田山頭火など、俳句にゆかりのある街です。

そして、漱石が「森の都」と呼んだといわれているように、自然と文化・歴史の豊かな街です。

そんな熊本の魅力を俳句に詠んでみませんか?

あなたの一句をお待ちしております。

 

◇設置場所(令和3年10月現在)

(1)御馬下の角小屋

(2)小泉八雲熊本旧居

(3)後藤是山記念館

(4)電停「上熊本」

(5)田原坂西南戦争資料館

(6)水前寺成趣園

(7)夏目漱石大江旧居

(8)横井小楠記念館

(9)リデル・ライト両女史記念館

 

※各施設の詳しい情報は「熊本市観光ガイド」WEBサイトをご覧ください。

熊本市観光ガイドWEBサイト「資料館・記念館」新しいウインドウで(外部リンク)

 

◇投 句 熊本をイメージした俳句(未発表のもの)

              ※投句用紙は上記設置場所に準備しています。

 

◇投句料 無料

 

◇開 函 6月末、12月末

 

◇審 査 年2回 各回・特選1点 わが輩通り賞1点 入選3点 佳作数点

 

◇賞 品 特選、わが輩通り賞、入選には熊本の特産品を贈呈

 

◇発 表 当ホームページで、入賞作品と作者名等を発表

 

 

審査結果発表! ~第十九期開函分の特選句です~

 おめでとうございます!

 

 春塵を浴びてさびしき肖像画      【大分県大分市 小野 智輔(敬称略)】

 

〔講評〕

 他の投句から推定すると「八雲旧居」の句で、八雲の肖像画の写生句です。

 薄く「春塵」がかかった肖像画を通して、生涯どこか淋しげだった八雲の内面までよくとらえた俳句です。

 生涯自分の心の故郷を追い続けた八雲の思いにふれた句で、「春塵」つまり「春の塵」という、どこか人の世の塵や人生そのものを連想させる季語がよく生かされた句です。「浴びてさびしき」は、旅する作者の思いでもあったのです。

 岩岡 中正 選(日本伝統俳句協会副会長)

 

令和3年6月30日開函

投句総数 113句

 

次回は、12月末に開函予定です。多くの投句をお待ちしております。

※入選句、佳作句については下記ファイルをご覧ください。

 

◇これまでの入賞

ワード 第十六期入賞作品一覧 新しいウィンドウで(ワード:36.4キロバイト)

ワード 第十一期入賞作品一覧 新しいウィンドウで(ワード:18.9キロバイト)

ワード 第十期入賞作品一覧 新しいウィンドウで(ワード:21キロバイト)

ワード 第一期入賞作品一覧 新しいウィンドウで(ワード:14.9キロバイト)

 

 

 

「草枕」国際俳句大会のご案内

 

 平成8年に夏目漱石来熊100年記念事業として創設した「草枕」国際俳句大会は、熊本で輝かしい実績を数多く残した俳人夏目漱石を顕彰し、日本文化を代表する俳句を通した国際交流を積極的に進め、国際職豊かな俳句大会となっております。

大会のご案内や過去の入賞作品等詳細は、「草枕」国際俳句大会WEBサイトをご覧ください。

「草枕」国際俳句大会新しいウインドウで(外部リンク)

 

 

 

このページに関する
お問い合わせは
文化市民局 文化創造部 文化政策課
電話:096-328-2039096-328-2039
ファックス:096-324-4002
メール bunkaseisaku@city.kumamoto.lg.jp 
(ID:8898)
新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
[開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
肥後椿
copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved