熊本市ホームページトップへ

熊本市の感染症発生情報

最終更新日:2021年7月23日
健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課TEL:096-364-3189096-364-3189 FAX:096-371-5172 メール kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 担当課の地図を見る

手を洗いましょう の画像

熊本市での感染症(インフルエンザや感染性胃腸炎など)の発生状況をお伝えします。

週報(毎週金曜日更新)

  

new点滅今週の発生動向速報・疾病別グラフ(PDF)速報等のバックナンバーは下の方にあります

                        • new点滅手足口病が5週連続警報レベルを超えています!!(28週)

                           乳幼児では原因ウイルスに感染したことがない子どもの割合が高いため、感染した子どもの多くが発病します。予防法としては手洗いが基本です。症状が消失した後も24週間にわたり便中ウイルス排泄されるため、感染した人やお世話をした人は排便後の手洗いが重要です。

                          手足口病報告数2021.28週(熊本市)

                           

                          new点滅夏に流行する感染症について(28週)

                           夏に流行する感染症には、現在流行中の手足口病や、ヘルパンギーナ咽頭結膜熱(プール熱)流行性角結膜炎(はやり目)などがあります。これらは、特に5歳までの子どもがかかることが多く、感染力の強い感染症です。

                          指差しHP用夏に流行する感染症の感染経路は
                           患者の咳やくしゃみなどのしぶき(飛沫)を吸い込むことによる飛沫感染、鼻水、水疱、便、目やにや涙の中に含まれるウイルスが、直接または、ドアノブや手すり、ティッシュペーパー、タオル、洗面器などを介して口や鼻の中に運ばれることによる接触感染、糞口感染などがあります。
                          症状がなくなったあとも約2~4週間以上にわたってウイルスが排出されるものが多いといわれています。咽頭結膜熱(プール熱)・流行性角結膜炎(はやり目)は、プールでも感染しますが、近年は塩素濃度の徹底管理等によりプールの水での感染は稀と考えられています。
                          指差しHP用予防するには
                          arrow20-007流水と石鹸によるこまめな手洗いを習慣づけましょう。手洗いは多くの感染症に共通する重要な予防方法です。
                          arrow20-007普段からトイレの後、おむつ交換の後、鼻水をとった後などに、しっかり手を洗いましょう。
                          arrow20-007子どもが理解できる範囲で咳エチケット※を心掛けましょう。
                          ※咳が出るときはマスクをつける、人に向けて咳やくしゃみをしない、咳やくしゃみの時はティッシュなどで口や鼻をおさえるなど。
                        • arrow20-007タオルの共用を避けましょう。プール前後はシャワーを浴び、目をしっかり洗い、うがいをしましょう。
                          保健所クマ手足口病注意喚起
                          夏に多い子どもの感染症(熊本市)

                          蚊に気をつけて!!たかが蚊、されど蚊(27週)

                           蚊は刺されてかゆいだけでもつらいうえに、感染症を運んでくる運び屋になることもあります。
                          国内で発生報告のある蚊媒介感染症のひとつに日本脳炎があります。今年の報告はまだゼロですが、例年数件報告があります。  一般に日本脳炎ウイルスに感染した場合、およそ1000人に1人が日本脳炎を発症し、発症した方の20~40%が亡くなってしまうといわれています。また、生存者の45~70%に精神障害などの後遺症が残るといわれています。たかが蚊ですがされど蚊。これからも蚊に刺されないように気をつけましょう!!
                          指差しHP用蚊から身を守りましょう!
                           家屋の窓に網戸を設置することや(蚊取り線香も有用です)、屋外にいる場合は長袖のシャツ、ズボンを着て、できるだけ皮膚の露出を少なくしましょう。ディート(DEET)やイカリジンなどの有効成分が含まれている虫よけ剤を使うなどの防御方法をとるように
                          しましょう。使用する場合には、必ず添付書類に記載されている使用法を守ってください。日焼け止めを使う場合は、先に日焼け止めをつけてから、虫よけ剤を使用しましょう。子ども、とくに乳児への虫よけ剤の使用については、小児科医にご相談ください。とくに流行地へ旅行をするときは蚊に刺されないよう十分な準備と注意が必要です。
                          指差しHP用蚊の発生を防ぎましょう!
                           その地域に分布する蚊を可能な限り減らすことが最も効果的です。蚊は少しの水たまりでも卵を産みますので、環境改善による蚊の
                          幼虫発生源(空き缶、ペットボトルや古タイヤ、植木鉢の受け皿等の水溜まり)を無くすようにしましょう。
                        • 指差しHP用厚生労働省ホームページ 蚊媒介感染症 新しいウインドウで(外部リンク)

                        • 蚊注意喚起ホームページ用
                            
                  •   
第28週速報先週との比較
速報等のバックナンバーは下の方にあります
 

2021年発生動向速報・疾病別グラフ(PDF)(バックナンバー)

  

バックナンバー

◆平成26年(2014年)~現在までのバックナンバーは「熊本市感染症発生動向調査 週報・月報 バックナンバー」新しいウインドウで(内部リンク)をご覧ください。
 

2021年疾病別グラフ

  • PDF 2021年第13週速報(2021年3月29日~2021年4月4日) 新しいウィンドウで(PDF:421.9キロバイト) 【水痘(みずぼうそう)】
  • PDF 2021年第12週速報(2021年3月22日~2021年3月28日) 新しいウィンドウで(PDF:339.5キロバイト) 【A群溶血性レンサ球菌咽頭炎】
  • PDF 2021年第6週速報(2021年2月8日~2021年2月14日) 新しいウィンドウで(PDF:415キロバイト) 【RSウイルス感染症】
  • PDF 2021年第5週速報(2021年2月1日~2021年2月7日) 新しいウィンドウで(PDF:342.2キロバイト) 【腸管出血性大腸菌感染症】
  • PDF 2021年第4週速報(2021年1月25日~2021年1月31日) 新しいウィンドウで(PDF:426.2キロバイト) 【水痘(みずぼうそう)】
  • PDF 2021年第3週速報(2021年1月18日~2021年1月24日) 新しいウィンドウで(PDF:361キロバイト) 【RSウイルス感染症】
  • PDF 2021年第2週速報(2021年1月11日~2021年1月17日) 新しいウィンドウで(PDF:316.9キロバイト) 【RSウイルス感染症】
  • PDF 2021年第1週速報(2021年1月4日~2021年1月10日) 新しいウィンドウで(PDF:380.5キロバイト) 【流行性角結膜炎(はやり目)】



  • 全数報告疾患(毎週金曜日更新)

     

    全数報告疾患とは

     全数報告疾患は、感染症法で定められた1類~5類感染症のうち、診断したすべての医師が診断後直ちに報告する疾患の発生状況の集計です。

     

    全数報告疾患 発生状況

    全数報告一覧(第28週)
    注意:記載データは速報性を重視してありますので今後の調査結果で若干変更が生じることがあります。
     新型コロナウイルス感染症の発生状況は下記のホームページをご覧ください。
    熊本市ホームページ 新型コロナウイルス感染症 熊本市での発生状況新しいウインドウで(内部リンク)
     

    過去の全数報告


    月報(毎月1回更新)

     

    月報とは

     「月報」は、月ごとに指定の医療機関(泌尿器科・婦人科・基幹病院)から報告される、以下の疾患についての発生状況の集計です。 

    報告の種類 

    疾患名 

    性感染症発生状況  

     性器クラミジア感染症

     性器ヘルペス感染症

     尖圭コンジローマ

     淋菌感染症 

    基幹定点報告 

     メチシリン耐性黄色ブドウ球菌感染症

     ペニシリン耐性肺炎球菌感染症

     薬剤耐性緑膿菌感染症


    性感染症発生状況(泌尿器科・産婦人科)

    《報告数》

    疾患名 

    性器クラミジア

    感染症 

    性器ヘルペス

    ウイルス感染症 

    尖形コンジローマ 

    淋菌感染症 

     2021年1月

    58 

    14 

    17 

     2021年2月

    49 

    12 

     2021年3月

    49 

     2021年4月

    53 

    11 

    18 

     2021年5月

    54 

     2021年6月

    71 

    13 

    20 

     2021年7月

     

     

     

     

     2021年8月

     

     

     

     

     2021年9月

     

     

     

     

     2021年10月

     

     

     

     

     2021年11月

     

     

     

     

     2021年12月

     

     

     

     

     累計報告数

    (2021年1月~)

    334 

    61 

    31 

    83 


    《定点あたり報告数》

    疾患名 

    性器クラミジア

    感染症 

    性器ヘルペス

    ウイルス感染症 

    尖形コンジローマ 

    淋菌感染症 

    2021年1月

    9.67 

    2.33 

    1.00 

    2.83 

    2021年2月

    8.17 

    0.83 

    0.33 

    2.00 

    2021年3月

    8.17 

    1.50 

    0.67 

    1.17 

    2021年4月

    8.83 

    1.83 

    1.50 

    3.00 

    2021年5月

    9.00 

    1.50 

    0.50 

    1.50 

    2021年6月

    11.83 

    2.17 

    1.17 

    3.33 

    2021年7月

     

     

     

     

    2021年8月

     

     

     

     

    2021年9月

     

     

     

     

    2021年10月

     

     

     

     

    2021年11月

     

     

     

     

    2021年12月

     

     

     

     


     報告数は、市内6箇所の指定届出医療機関からの届出数であり、市内の発生総数ではありません。

     STD(性感染症)に感染していると、性器に炎症や損傷がおこり(HIV)エイズにも感染が起こりやすくなるといわれています。

     

    基幹定点報告(薬剤耐性菌感染症)

     《報告数》

    疾患名 

    メチシリン耐性

    黄色ブドウ球菌感染症

    ペニシリン耐性

    肺炎球菌感染症

    薬剤耐性緑膿菌感染症

    2021年1月

    2021年2月

    2021年3月

    2021年4月

    2021年5月

    2021年6月 

    2021年7月

     

     

     

    2021年8月

     

     

     

    2021年9月

     

     

     

    2021年10月

     

     

     

    2021年11月

     

     

     

    2021年12月

     

     

     

     累計報告数

    (2021年1月~)

    34 

    12 


    《定点あたり報告数》 

    疾患名 

    メチシリン耐性

    黄色ブドウ球菌感染症

    ペニシリン耐性

    肺炎球菌感染症

    薬剤耐性緑膿菌感染症

    2021年1月

    1.80 

    0.00 

    0.00 

    2021年2月

    1.80 

    0.40 

    0.00 

    2021年3月

    0.80 

    1.00 

    0.20 

    2021年4月

    0.80 

    0.60 

    0.00 

    2021年5月

    0.80 

    0.00 

    0.00 

    2021年6月

    0.80 

    0.40 

    0.00 

    2021年7月

     

     

     

    2021年8月

     

     

     

    2021年9月

     

     

     

    2021年10月

     

     

     

    2021年11月

     

     

     

    2021年12月

     

     

     

      

     報告数は、市内5箇所の指定届出医療機関からの届出数であり、市内の発生総数ではありません。 

     

    過去の報告


    週報【バックナンバー平成26年(2014年)~】

     

    バックナンバー

    ◆平成26年(2014年)~現在までのバックナンバーは「熊本市感染症発生動向調査 週報・月報 バックナンバー」 新しいウインドウで(内部リンク)をご覧ください。
     

    感染症発生動向調査とは

     今、どのような感染症が発生しているのか? また、どのくらいの患者がいるのかを把握するため、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づいて、医療機関の医師等の協力のもと、患者情報及び病原体の情報を収集・分析し、これらの情報を公表しています。

     この調査で把握する感染症には、全数を把握するものと、定点(届出医療機関)報告対象のものがあります。

     定点報告対象のものは、市内の感染症指定届出機関(定点医療機関)から報告されます。

     「感染症週報・月報」では、これらの情報を週単位又は月単位で集計・分析した結果などを掲載します。

     

    市内の感染症指定届出機関(定点医療機関)数

     定点種別

     週報/月報

     医療機関数

     小児科

    週報 

    16 

     インフルエンザ(小児科・内科)

    週報

    25

     眼科

    週報 

    5

     基幹

    週報・月報 

    5

     STD

    月報 

    6

     疑似症

     ー 

    5

     

    週報とは

     「週報」は、感染症法の5類定点報告疾患である下記の19疾患について、月曜から日曜まで1週間の患者数を、 指定の医療機関(小児科(16機関)・内科(9機関)・眼科(5機関)・基幹病院(5機関))に報告していただいて集計したものです。

    《5類定点報告疾患》

     インフルエンザ、RSウイルス、咽頭結膜熱、A群溶血性レンサ球菌咽頭炎、感染性胃腸炎、水痘、手足口病、伝染性紅斑、突発性発疹、ヘルパンギーナ、流行性耳下腺炎、急性出血性結膜炎、流行性角結膜炎、細菌性髄膜炎、無菌性髄膜炎、マイコプラズマ肺炎、クラミジア肺炎 、感染性胃腸炎(ロタウイルス)
     
     

    2021年報告週対応カレンダー

    週報の報告では、月曜日から日曜日を1週間として疾患の報告の集計をしています。
    国立感染症研究所 報告週対応表2021年新しいウインドウで(外部リンク)
    週対応表2021年
    週対応表2021年PDF 週対応表2021年 新しいウィンドウで(PDF:125.3キロバイト)
     

     
     

    医師・獣医師の方へ

    感染症法に基づき、医師・獣医師による届出が必要な場合があります。

    こちらの記事(内部リンク)もご参照ください。

     

    結核以外の感染症

    結核


    熊本県・国などのリンク集

    熊本県および全国の感染症発生情報は、下記リンク先で確認できます。
     

    熊本県の感染症発生情報

    熊本県ホームページ(外部リンク)

     

    全国の感染症発生情報

    厚生労働省ホームページ(外部リンク)


    国立感染症研究所感染症情報センターホームページ(外部リンク)

     

    熊本市の感染症発生情報

    熊本市ホームページ(内部リンク)
     ・インフルエンザについて(総合対策)新しいウインドウで
    このページに関する
    お問い合わせは
    健康福祉局 保健衛生部 感染症対策課
    電話:096-364-3189096-364-3189
    ファックス:096-371-5172
    メール kansenshoutaisaku@city.kumamoto.lg.jp 
    (ID:4156)
    新しいウィンドウで このマークがついているリンクは新しいウィンドウで開きます
    ※資料としてPDFファイルが添付されている場合は、Adobe Acrobat(R)が必要です。
    PDF書類をご覧になる場合は、Adobe Readerが必要です。正しく表示されない場合、最新バージョンをご利用ください。
    熊本市役所 〒860-8601 熊本市中央区手取本町1番1号 代表電話:096-328-2111(代表)096-328-2111(代表)
    [開庁時間]月曜~金曜日の午前8時30分~午後5時15分(ただし、祝・休日、12月29日~翌年1月3日を除く)
    肥後椿
    copyrights(c) 2013 Kumamoto City Allrights Reserved